コラム

FBI捜索でトランプはますます次期大統領に近づいている

2022年08月23日(火)11時00分

マールアラーゴ捜索から2日後のトランプ(ニューヨーク) DAVID DEE DELGADOーREUTERS

<予備選最大のライバルを引き離し出馬表明も早まる見込み。「劣勢」民主党も敵失を追い風に出来ない>

トランプ前米大統領は就任早々、アメリカがイスラエルから受け取った過激派組織「イスラム国」(IS)に関する機密情報をロシア外相に漏らした。

2019年には、攻撃目標だったイランの施設の極秘写真をツイートした。

公式法令集・合衆国法典の第18編2071条には、政府文書を保管する者が「あらゆる公的機関に提出または寄託された(中略)あらゆる記録、議事録、地図、書籍、資料、文書その他のものを(中略)故意かつ不法に隠匿、移動、損壊、削除、破壊した」場合、罰金および最高3年の禁錮刑を科せられる可能性があると記載されている。

この法令は、大統領の関連文書が大統領本人ではなく国民全体の所有物であることを示している。国立公文書館はトランプ時代のホワイトハウスに、大統領が保有する「全文書の確実な引き渡し」を求めていた。

文書を回収できなかった同館は司法省に連絡し、司法省はFBIに連絡を取り次いだ。本人は「彼らのものではない、私のものだ」と側近に語ったが、トランプはおそらく法律を破った。証拠は十分にある。

ただし、トランプがたとえ有罪になっても、大統領選に出馬する資格はある。合衆国憲法には、立候補の資格が明確に定められている。35歳以上であること、アメリカ生まれであること、少なくとも14年間国内に居住していること、条件はそれだけだ。

フロリダ州にあるトランプの豪邸マールアラーゴへのFBIの捜索で、2024年大統領選の出馬表明は早まるはずだ。従来は2022年11月の中間選挙後とみられていたが、9月に前倒しされる可能性が高い。トランプは明らかに、フランスやブラジル、イタリアなど他の民主国家の首脳が起訴あるいは投獄され、その後に実質的な政治力の基盤を失ったことを認識している。

調査会社モーニングコンサルトと政治サイト・ポリティコの共同世論調査によれば、共和党員の58%が2024年大統領選の予備選でトランプを支持すると回答した。2020 年以降で最高の数字だ。さらに共和党員のほぼ7割が今回の捜索は政治的動機によるものと回答した。実際、トランプはFBIの捜索を受けて以降、予備選最大のライバルと目されるフロリダ州のデサンティス知事に10ポイントの差を付けた。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

為替円安、今の段階では「マイナス面が懸念される」=

ビジネス

AI集約型業種、生産性が急速に向上=PwCリポート

ビジネス

FDIC総裁が辞意、組織内のセクハラなど責任追及の

ワールド

トランプ氏大口献金者メロン氏、無所属ケネディ氏に追
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 10

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story