コラム

Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

強烈な被害者意識と自尊心 ゴーンが見せていた危うい兆候

<後に問題が発覚する経営者を見抜く方法はないのか。ゴーンは権力を独り占めし、次世代のリーダーを育てなかった> 「超大物」「巨人」「レジェンド

2018.12.03
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

中間選挙で見えた、強気を装うトランプの脆弱な足元

<選挙には勝ったが、20年の再選と今後の生き残りに暗い影を落とす結果に> 今回のアメリカ中間選挙で明らかになった複雑な民意を単純に白か黒かで

2018.11.15
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプの命運を握るのは、米議会選より州知事選

<中間選挙で米議会の構成が変わっても弾劾罷免はあり得ない......2年後の大統領選に影響する州知事選のほうが重要だ> 11月6日の中間選挙

2018.11.03
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

米中間選挙後の民主党がトランプ弾劾を目指さない理由

<民主党は2年後の大統領選に照準を合わせる――20年前のクリントン弾劾からその戦略を読み解く> 前回、アメリカ大統領が弾劾訴追されてから、今

2018.10.19
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

連邦最高裁判事指名、カバノー騒動が浮き彫りにした米政治の劣化ぶり

<トランプが連邦最高裁判事に指名したカバノーは「法の番人」に求められる資質を完全に欠いている> 17歳のブレット・カバノーが当時15歳の女性

2018.10.05
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

伝説の記者ウッドワードの暴露本は、トランプ政権への挑戦状

<70年代にニクソン大統領を辞任に追い込んだボブ・ウッドワードはトランプの首も狙うのか> トランプ政権の内幕を描いたボブ・ウッドワードの『フ

2018.09.22
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

「小さな男」トランプが支配するアメリカに、「大きな男」マケインの死が響く

<勇気、誠実、礼節......脳腫瘍で世を去ったマケインは、その死を侮辱した誰かとは違う器の大きい男だった> ジョン・マケイン米上院議員の死

2018.09.07
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

禁断の「Nワード」発言でもトランプ支持層は揺るがない

<アフリカ系の元ホワイトハウス高官の「告発」により、トランプの人種差別と政権の迷走は明白だが......> 狭量で意地が悪く、人種差別的で感

2018.08.25
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

火花を散らすアメリカとイランの対立、因縁の歴史をおさらいしよう

<イラン制裁をめぐって対立が激化するが、なぜ関係がこじれたのかを実はアメリカ人は知らない> トランプ米大統領が主人公の漫画のようなアメリカ史

2018.08.04
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

中国に貿易戦争を仕掛けた、トランプを待つブーメラン

<中国への強硬路線は大統領再選への道を開くどころか、自らの重要な支持層を痛めつける結果を招く> 貿易戦争が本格的に始まった。トランプ政権は7

2018.07.21

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 5

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 8

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!