コラム

「今日が投票日であればトランプ勝利」、ヤバすぎる訴訟スキャンダルにもトランプが無傷の訳

2024年05月23日(木)12時30分
ストーミー・ダニエルズ

ニューヨークの裁判所を出るストーミー・ダニエルズ(5月9日)MICHAEL M. SANTIAGO/GETTY IMAGES

<トランプ側近の暴露が続いても支持者が全く離れないのはなぜか。次期大統領の座に最も近い男のドラマのような裁判を一挙解説>

米大統領選はトランプ前大統領がリードを保っている。最近の世論調査でも、もしも今日が投票日だったと仮定するとトランプ有利との結果が出ている。だがアメリカは今、トランプ裁判の話題で持ち切りだ。

信頼していた側近の暴露や不利な証言など、トランプの苦難が連日報道されている。まだバイデン大統領との対決に致命的ダメージを与えるものではないが、不吉な影を落としているのは確かだろう。

目下の注目は、元ポルノ女優ストーミー・ダニエルズへの口止め料をめぐるビジネス記録改ざん問題だが、ほかにも重要な裁判が3つある。


 

1) 大統領時代の機密文書をフロリダ州の邸宅マールアラーゴで不正に保管していたとして、連邦政府に起訴されている。この裁判が大統領選当日までに大きく動く可能性は低い。トランプ支持者は、バイデンやペンス前副大統領を含む他の正副大統領経験者も文書の管理がずさんだったのだから、問題ないと主張している。

だがトランプの場合、それを故意に隠蔽したという当局の告発に対処しなくてはならない。初公判は無期限に延期されたため、トランプがいつ法廷に立つかはまだ分からない。

2) 2020年大統領選で敗北したジョージア州の結果を覆そうとしたとして、他の18人の被告と共に州法違反で起訴されている。トランプは州務長官との電話で、同州での勝利のために必要な票を「見つけろ」と言ったとされる。裁判の日程は未定だが、トランプにとって気がかりなのは、他の被告の一部が司法取引に応じたことだ。

3) 21年1月の連邦議会議事堂襲撃事件に絡み、4件の罪状で起訴されている。この裁判は無党派層に最も大きな影響を与えそうだ。裁判は3月5日のスーパーチューズデー前に始まるはずだったが、トランプが大統領免責特権を主張したため、最高裁が審理を行っている。6月末までには判断が出そうだ。

トランプが裁判騒動に無傷な訳

世論調査におけるトランプの強さは驚異的だ。下院で2度弾劾訴追された唯一の大統領として歴史に名を刻んでいるが、今では初の刑事訴追された(それも異なる4つの訴因で)大統領となった。

4月半ば以降、トランプの選挙運動がほぼストップしているのは、不倫関係にあったとされるダニエルズへの口止め料支払いに関連する裁判で自分自身を弁護しなければならないからだった。

裁判に出廷した元側近からは、トランプ本人が支払いを「実行した」という証言が飛び出している。ただし、たとえ裁判で負けても実刑になる可能性は低い。通常、ビジネス記録改ざんの最高刑は禁錮4年。だが初犯、特に暴力犯罪ではない場合は刑務所に収容されるケースはほとんどない。

世論の反応という点では、下品な振る舞いの暴露も出廷した本人の疲労をにじませた不安定な姿も、あるいは妻や家族が副大統領候補希望の政治家たちほどトランプ擁護に熱心ではないように見えることも、影響は全くない。実際、無党派層の多くは既得権益側によるトランプたたきと見なす可能性もある。

トランプは強運の男だ。現在進行中の裁判は最も負ける可能性が低い案件のみ。アメリカ人はおなじみのトランプ流ドラマ以上のものはないと判断するかもしれない。トランプが不道徳で衝動的で下品な人間であることを、有権者は既に知っている。

この裁判でどんなに不利な証拠が出てきても、大統領候補としてのトランプの評価が大きく変わることはまずない。トランプは依然として運を味方に付けている。心の中には自己破壊的な感情の激発を抱えたままだが。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は反発、米株高受け自律反発期待の買い

ビジネス

アングル:渋滞解消の切り札になるか、「空飛ぶタクシ

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田会長など取締役10人選任議案を

ビジネス

英労働党、「バンキングハブ」の大幅増を約束 銀行支
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story