コラム

名門ケネディ家で場外乱闘? ケネディ家の大統領候補にJFKの孫が「ヤバイ動画」で攻撃開始

2024年06月04日(火)17時30分
ロバート・ケネディJr.

若年層と中南米系の支持を集めるロバート・ケネディJr. MICHAEL BROCHSTEINーSIPA USAーREUTERS

<ケネディ元大統領(JFK)のおいであるロバート・ケネディJrに、JFKの孫でキャロライン元米駐日大使の息子ジャック・シュロスバーグが猛反発。インスタで従叔父ロバートを「ロシアの手先」と呼ぶぶっ飛んだ動画を拡散中>

キャロライン・ケネディ元米駐日大使のいとこロバート・ケネディJr.は、米大統領選挙で最も重要な「変数」になるかもしれない。そしてキャロラインの息子で故ジョン・F・ケネディ大統領の唯一の男性の孫であるジャック・シュロスバーグは、米史上最も奇妙な選挙戦をさらに混乱させる可能性がある。

私が初めてお金をもらった仕事は、ケネディ大統領の最愛の妹ユーニス・ケネディ・シュライバーを車に乗せ、私の選挙区を案内することだった。訪問の目的は、住民たちに向け下院選での息子マーク・ケネディ・シュライバーへの投票依頼。彼女は大統領によく似ていた。

私より彼女をよく知る人々は当時よく言っていた。「もしあと40年遅く生まれていたら、大統領になっていただろうね」

もし一連の悲劇が起きなければ、ケネディ家の4人兄弟は全員、大統領になっていたかもしれない。だから同じケネディ姓でよく似た容姿の人物が大統領選に出馬すれば過去への郷愁を呼び起こし、知名度という重要な武器を瞬時に獲得できる。

バイデン現大統領がこれまで恒例だった超党派団体・大統領候補ディベート委員会主宰の討論会を回避した理由については、さまざまな臆測が飛び交った。だが私は、ケネディが討論会への参加資格を得る公算が大きいことが主な理由だと思う(マーケット大学の世論調査では15%の基準を超える17%を獲得)。大統領選で勝つためには、民主党で最も強力なケネディという姓を討論会の舞台から遠ざける必要がある。

私が記憶している最初の大統領選は1992年だが、あのときも独立系候補が選挙行方を左右したとされている。政治学者の間では、ビル・クリントンが勝てたのは一般投票で大富豪ロス・ペローが19%を獲得したおかげ、というのが定説だ。もしペローが出馬していなければ、現職のブッシュ(父)が勝っていたらしい。

現代の識者の多くが見落としているのは、ペローが一時的にせよ選挙戦をリードしていたという事実だ。ペローはケネディより金持ちだが、アメリカ政治でケネディほどの知名度と神秘性を持つ名前はない。ペローが19%なら、ケネディはもっと多くの票を獲得するポテンシャルがある。

支持率から不支持率を引いた「純支持率」は、バイデンがマイナス16%、トランプ前大統領はマイナス13%。この国は間違った方向に進んでいると考えるアメリカ人の割合は史上最悪の73%、トランプ大統領時代は史上3番目に悪い66%だった。双方に強烈な逆風が吹いている現状は、ケネディにとって前代未聞のチャンスと言える。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story