コラム

Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプ政権がベネズエラを放っておけない最大の理由

<他国のことには関わり合わない方針だったはずなのに、イデオロギー戦争の一環として野党を強力に支援> フアン・グアイドは、目まいがするような気

2019.02.16
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプ再選を阻むのは誰? 混戦の民主党レースを読む

<2020年米大統領選の民主党レースは本命不在の大混戦――抜け出すのは若きカリスマ政治家か、それとも......> ついにこの日がやって来た

2019.02.02
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

壁のために政府閉鎖を招いた、トランプに吹きつける逆風

<「壁を造る」と連呼したことで大統領になれたトランプだが、今回の騒動は政権の問題点を浮き彫りにした> 15年6月、ドナルド・トランプが翌16

2019.01.19
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

2020年の米大統領選を占えば

<高い支持率を維持するトランプの再選が実現する? 無視できない波乱材料と侮れない「あの人」> ワシントンで18年12月5日に行われたジョージ

2019.01.12
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

誰かと比べると際立つ、故ブッシュ大統領の偉大さ

<外交・内政の実質的な成果が過小評価されているが、公正で寛大な良き保守派を代表する指導者だった> それは象徴的な光景だった。12月5日に首都

2018.12.15
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

強烈な被害者意識と自尊心 ゴーンが見せていた危うい兆候

<後に問題が発覚する経営者を見抜く方法はないのか。ゴーンは権力を独り占めし、次世代のリーダーを育てなかった> 「超大物」「巨人」「レジェンド

2018.12.03
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

中間選挙で見えた、強気を装うトランプの脆弱な足元

<選挙には勝ったが、20年の再選と今後の生き残りに暗い影を落とす結果に> 今回のアメリカ中間選挙で明らかになった複雑な民意を単純に白か黒かで

2018.11.15
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプの命運を握るのは、米議会選より州知事選

<中間選挙で米議会の構成が変わっても弾劾罷免はあり得ない......2年後の大統領選に影響する州知事選のほうが重要だ> 11月6日の中間選挙

2018.11.03
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

米中間選挙後の民主党がトランプ弾劾を目指さない理由

<民主党は2年後の大統領選に照準を合わせる――20年前のクリントン弾劾からその戦略を読み解く> 前回、アメリカ大統領が弾劾訴追されてから、今

2018.10.19
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

連邦最高裁判事指名、カバノー騒動が浮き彫りにした米政治の劣化ぶり

<トランプが連邦最高裁判事に指名したカバノーは「法の番人」に求められる資質を完全に欠いている> 17歳のブレット・カバノーが当時15歳の女性

2018.10.05

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 4

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 5

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 6

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 7

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 8

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 9

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!