コラム

Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

弾劾訴追でもトランプ再選は可能性大、米民主党ではあの人物が立候補へ?

<無能で腐敗したトランプに再選の可能性が高まっているのには、2つの理由がある。そして12月、米民主党候補として世論調査でバイデンを上回る支持

2019.12.27
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

【2020米大統領選】バイデンの「1期だけ」作戦は意外な好手

<大統領選でバイデンが勝てば就任時には78歳。1期4年間という職務期間はトランプ政権を断ち切り、有権者の不安を軽減させることもできる理にかな

2019.12.25
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプの成績表:サイボーグ超えの破壊力で自国の評判を落としたが...

<外交、経済、内政、安全保障――「ガキ大将」をどう評価するか? リーダーとしての能力と資質からアメリカ政治を読み解く。世界の首脳を査定した本

2019.12.19
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

中曽根時代の日本が「アメリカ・ファースト」のトランプを作った

<アメリカが恐れた日本発展の立役者──巧みな外交術とレーガンとの個人的友情が、保護主義を掲げる現トランプ大統領の世界観を形成していた> 中曽

2019.12.11
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

「最も健全な民主主義国」日本は米の「4倍増」要求を自立の好機にせよ

<米軍駐留経費負担の増額要求は、無理難題に見えるが、日本にとってチャンスでもある。地政学的に賢明でない要求だが、トランプはアメリカの変調の原

2019.11.25
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

「オバマの再来」オロークが民主党予備選から撤退......候補者レースの本質は「対比」にあり

<オロークが18年上院選で注目されたのは、不人気な共和党現職テッド・クルーズと比較されたから> アメリカ民主主義のスーパースターは、人物の中

2019.11.12
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

弾劾で追い込まれたトランプが再選を投げ出す?

<ウクライナ疑惑で窮地のトランプは、追及を免れるために大統領選への出馬を取りやめる......かもしれない> 歴史上有数の「あり得ない」大統

2019.10.29
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

不確実性に包まれた今の時代こそ、村上春樹がノーベル文学賞にふさわしい

<国境を超えてあらゆる現代人に関わる問題を描く村上春樹は、いつ栄誉に輝いても不思議でない> 西洋人が「日本文学愛好家」をもって任じる場合、た

2019.10.15
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

マララと真逆のグレタ・トゥーンベリが、人々の心をつかめる理由

<国連でのスピーチで「時の人」になった16歳の環境活動家には「大人たちの操り人形」という批判もあるが、そのアピール力は危険なまでに魅力的だ>

2019.09.30
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

MITメディアラボ所長「ジョイ」辞任で露呈した競争社会アメリカの暗部

<性犯罪で起訴され自殺した富豪の寄付を受けた、MITメディアラボと伊藤穣一の経済的プレッシャー> アメリカのエリート大学が評判の急落に直面し

2019.09.18

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!