最新記事
ウクライナ戦争

ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

Video shows moment Russian rocket launcher destroyed in strike

2024年3月31日(日)14時00分
イザベル・バンブルーゲン
ウクライナ軍の攻撃を受けたロシアRBU6000「スメルチ2」

a_v_d/Shutterstock

<ウクライナ国防省が公開した空撮映像には、ロシア軍の213ミリ口径対潜迫撃砲が攻撃を受けて爆発する瞬間が捉えられている>

ウクライナ軍がロシア軍の迫撃砲を攻撃し、破壊した瞬間を捉えた動画が公開された。この空撮映像は、ウクライナ国防省が3月28日に公開したもの。そこには、ロシア軍の213ミリ口径対潜迫撃砲RBU6000「スメルチ2」が標的にされ、攻撃を受けて爆発・炎上し、分厚い煙が立ち上る様子が映っている。

■【動画】眩い光を発して爆発・炎上するロシア「スメルチ2」迫撃砲...ドネツクで激戦続く中、ウクライナが動画公開

「第45砲兵旅団と第80空中強襲旅団のチームワークにより、対潜迫撃砲RBU6000スメルチ2が破壊された」とウクライナ国防省は述べた。本誌はこの動画が撮影された時期や場所について独自に確認を取ることはできなかった。

今回の戦争におけるロシア軍の兵士や装備の損失について推定値を公表しているウクライナ軍参謀本部は、28日に情報を更新し、ロシア軍が一日で砲兵システム32基、戦車10両、装甲兵員輸送車21両と巡航ミサイル2基を失ったとの推定値を発表した。また過去24時間におけるロシア軍の死傷者数は780人で、戦争が始まってからの合計が43万9970人にのぼるとも述べた。

ウクライナ側もロシア側も、死亡した兵士の数を詳細に、あるいは定期的には公表していない。本誌はこれらの数字について独自に確認しておらず、ロシア国防省にメールでコメントを求めたが、これまでに返答はない。

ロシア軍の1日あたりの死者が1000人超に

死傷者数に関する推定には開きがあり、ウクライナの推定値は通常、西側の同盟諸国の推定値を上回っている。ロシア政府が今回の戦争での死傷者数に関する情報を共有することは滅多にない。ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は2022年9月、ウクライナとの戦争が始まってから死亡したロシア兵の数は5937人だと述べていた。

ウクライナ政府もロシア政府と同様に、死傷者の数に関する最新情報を提供することはない。2023年4月に流出したある米国防情報当局の評価によれば、その時点までのウクライナ軍の死傷者は12万4500人から13万1000人で、このうち死者は1万5500人から1万7500人だった。

ウクライナ政府は1週間少し前、ロシア軍の1日の死者数が日常的に1000人を超えていると述べていた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

テレグラム、1年以内にユーザー10億人超えへ 創業

ワールド

ロシアの洪水、農業部門に大きな影響ない=パトルシェ

ワールド

パレスチナ国連加盟、「2国家解決」につながらず=米

ワールド

中国、米会合で貿易制限に懸念表明 生産能力問題も協
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中