最新記事
ウクライナ戦争

ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

Ukraine Video Shows Russia's BUK Missile System Annihilated in Blast

2024年4月26日(金)17時52分
イザベル・ファン・ブリューゲン
ロシアのBuk-M1地対空ミサイルシステム

Degtyaryov Andrey/Shutterstock

<航空機やミサイルなど空からの攻撃を撃退するBUKミサイルシステムだが、1発も発射することなく砲撃によって破壊されてしまった>

ウクライナ軍は4月25日、ロシアの地対空ミサイルシステムBUK(ブーク)を破壊したとする映像を公開した。動画の中でミサイルの発射準備のため方向を調整して位置についたBUK-M1だったが、まさにミサイルを発射しようとするその時にウクライナ軍による砲撃を受けたと見られ、激しく炎を噴き上げて大爆発を起こしてしまう。

■【動画】ミサイル発射寸前、「空白の数秒」を狙ったウクライナ...露防空システムを大爆発させた「砲撃」動画を公開

ウクライナ特殊作戦軍(SOF)報道部はテレグラムのチャンネルで、ロシアのBUK-M1が「ミサイル発射の準備をしていた」ところを破壊したと明らかにした。SOFの第3連隊が、「(戦闘が)最も激しい地域の1つで」偵察活動中に発見したという。

SOFが公開したドローンによる空撮映像は、人気のない野原でBUKが攻撃を受け、激しい爆発が起きて煙が立ち上る瞬間を捉えたものとされる。

本誌はこの映像が撮影された日時や場所を独自に確認できておらず、ロシア国防省にコメントを求めている。

SOFは、「われわれのオペレーターが敵の標的の座標を国防軍のロケット砲部隊に送信した。BUK-M1はロケット弾を1発も発射する間もなく、即座に破壊された」と説明した。

ウクライナ国防省もこの映像をX(旧Twitter)で共有し、「ロシアのBUK-M1はミサイル発射の準備をしていたが、うまくいかなかった。ウクライナの砲兵隊がそれをさせなかった」と述べた。

ウクライナ軍は開戦以来BUKを標的にし破壊してきた

軍事専門サイト「アーミーテクノロジー」によれば、BUKは敵の航空機、ヘリコプター、巡航ミサイル、戦術弾道ミサイル、航空機ミサイル、誘導爆弾に対して、敵の激しい反撃や電波妨害の状況下で展開できるように設計されている。

同システムの改良版であるBUK-M2は、2008年からロシア軍が使用しており、最大24の標的を同時に攻撃することができる。また、3〜45キロ離れた場所から空中の標的を攻撃することが可能だ。

ウクライナ軍は、2022年2月にロシアによる侵攻で戦争が始まって以来、ロシアのBUKを複数破壊したと主張している。

SOFは1月、自軍が1週間でBUK3基を破壊したとする映像を公開した。

ウクライナ東部ドネツク地域付近で、「1週間のうちに敵の防空システム『BUK』3基が攻撃された」とSOF報道部は発表。ロシア軍は、探知・照準ステーション2基を備えた、BUK3基を失ったと述べた。

「SOFの第3特殊部隊連隊のオペレーターが、ロシアの標的に対する国防軍のミサイルと砲兵部隊の砲撃を探知し、調整した。火災損害の結果、ミサイルシステム1基が完全に破壊され、2基が使用不能となり、復旧不能となった」

同報道部は「敵の標的の追跡は続く」と述べている。

20240604issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月4日号(5月28日発売)は「イラン大統領墜落死の衝撃」特集。強硬派ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える グレン・カール(元CIA工作員)

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

政治改革・先送りできない課題に専念、それ以外は考え

ワールド

日中韓首脳会合、中国首相「新たな始まり」 貿易など

ビジネス

景気「足踏みも緩やかに回復」で据え置き、生産など上

ビジネス

フランス、EU資本市場の統合推進 新興企業の資金調
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中