最新記事
ウクライナ情勢

ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが命中、「破壊」の瞬間を撮影...東部ドネツクで続く戦闘

HIMARS strike destroys Russian Mi-8 helicopter in Donetsk: Video

2023年12月16日(土)13時49分
エリー・クック
ロシア軍のMi8ヘリコプター

ロシア軍のMi8ヘリコプター(2022年1月) Sergey Pivovarov-Reuters

<東部ドネツク州では、欧米の支援を受けたウクライナ軍の反転攻勢で戦闘が続き、ロシア側にも大きな損失が出ている>

長期戦となったロシアとウクライナの戦争では、ウクライナだけでなくロシア側も大きなダメージを負っている。欧米の支援を受けたウクライナの反撃により多くの兵士や戦車を失っているロシアだが、軍用ヘリにも大きな損失が出ているという。今月には、米国製HIMARSによる攻撃が命中し、Mi8輸送ヘリが破壊される瞬間を捉えた劇的な動画も公開された。

■【動画】ウクライナ軍HIMARSが「ロシア軍Mi8ヘリコプター」に命中、破壊する瞬間を撮影...東部ドネツク

ウクライナ軍の戦略コミュニケーション局はソーシャルメディアに投稿した声明の中で、12月13日に東部ドネツク州の都市リマン近郊で、ウクライナ軍がロシア軍のMi8輸送ヘリコプターを「機能破壊」したと述べた。

リマンはハルキウ州クピアンスクから激戦地バフムトまで続くドネツク地方の前線からほど近い場所に位置している。リマンのあるドネツク州は2022年9月にロシアが一方的に併合を宣言。市内の鉄道はロシア軍の攻撃によって大きな被害を受けていたが、ウクライナ軍はその後の反転攻勢で、同年10月にリマンをロシア軍から奪還していた。

ウクライナ政府は今回のヘリ破壊について、ウクライナ軍の偵察ドローンがロシア軍の輸送ヘリを発見し、アメリカから供与を受けた高機動ロケット砲システム(HIMARS)で攻撃したと明らかにした。米国防総省によれば、アメリカはこれまでウクライナに39基のHIMARSを供与している。

ウクライナ軍は過去にもロシア軍のヘリ破壊動画を公表

インターネット上で共有された短い動画には、人けのない野原の真ん中でプロペラをゆっくりと回転させている状態のヘリコプターが映っており、その後、このヘリコプターらしきものの周囲で炎が上がり、煙が立ち上る様子が見て取れる。

本誌はこの動画の信ぴょう性について、独自に確認を取ることはできていない。この件についてロシア国防省にメールでコメントを求めたが、返答はなかった。

ウクライナ軍参謀本部は14日の戦況報告の中で、ウクライナ軍のミサイルが過去24時間でロシア軍のヘリコプター1機を攻撃したと述べたが、攻撃が行われた場所やヘリコプターの種類に関する詳細は公表しなかった。また同参謀本部によれば、ウクライナ軍は前日にロシア軍の対空ミサイルシステム1基、迫撃砲2基と弾薬庫も破壊したということだ。

ウクライナ軍は戦場でロシア軍を攻撃した際の様子を捉えた動画をインターネット上で頻繁に公開している。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

FRB当局者、利下げ急がない方向で一致 インフレ鈍

ビジネス

訂正-NY外為市場=ドル上昇、米指標やFRB高官発

ビジネス

中東情勢悪化、世界経済に大きなリスク=独財務相

ビジネス

訂正-4月米フィラデルフィア連銀業況指数、15.5
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中