最新記事
ロシア

バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈する動画...「吹き飛ばされた」と遺族(ロシア報道)

Russia accidentally sank own ship during Baltic Navy drills

2024年3月30日(土)08時46分
イザベル・バンブルーゲン
バルチック艦隊が自国の船を撃沈

travelarium.ph/Shutterstock

<3人が死亡、4人が負傷との情報。生き残った乗組員はロシア連邦保安庁から「何も語るな」ときつく口止めされたという>

ロシアがバルト海に接する飛び地カリーニングラード沖で実施した海軍演習のなかで、誤って自国の船にミサイルが着弾して沈没させ、これにより船に乗っていた3人が死亡し4人が負傷したと地元メディアが伝えた。SNSではこの時の様子だとされる動画が出回っており、ウクライナ高官もこれを引用している。

■【動画】バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈する動画...当局は遺族に「口止め」と地元メディア

事故が起きたのは3月19日にバルチック艦隊が行った軍事演習でのこと。独立系テレビ「TV Rain(ドシチ)」は、同艦隊が誤ってトロール漁船「キャプテン・ロバノフ号」をミサイルで攻撃したと報じた。

漁船の乗組員の親族が語ったところによれば、この事故で漁船の乗組員3人が死亡、4人が負傷し、漁船の船長室は破壊されたという。当時の報告では、漁船で「火災」が発生し、死亡したのは1人だけだとされていた。

この乗組員の親族はTV Rainに対して、「生存者が病院に搬送された時点で、3人が死亡していたことは全員が知っていた」と述べ、さらにこう続けた。「漁船がミサイルによる攻撃を受けたことも、全員が十分に分かっていた。だが彼らはそれを『火災』だったことにしたのだ。いったいどんな火災だったというのか。船長室が完全になくなっていたのは、吹き飛ばされたからだ」

助かった乗組員たちはピオネールスキーにある病院に搬送され、1人は重体だという。乗組員の親族はまた、ロシア連邦保安庁(FSB)が乗組員を取り調べ、彼らに「事故について一切話すな」と命じたと主張した。

本誌はこの報道を独自に確認することができず、ロシア国防省にメールでコメントを求めたが返答はなかった。

潜水艦を使った演習を行っていた

ロシアの複数のテレグラムチャンネルには、海上で漁船が燃えている様子を捉えたとみられる動画が出回っている。ウクライナ内務省の元顧問であるアントン・ゲラシチェンコはX(旧ツイッター)への投稿の中で、「ロシア軍が演習中に自国の船舶を沈没させたようだ。よくやった!」と述べた。

この事故が起きた当時、ロシアの国営タス通信は、ロシア軍のバルチック艦隊がカリーニングラードで演習を行っていると報じていた。

タス通信はバルチック艦隊の広報の発表を引用し、3月19日に実施された演習の中でバルチック艦隊のコルベット「ボイキー」が敵艦に模した潜水艦を破壊したと報じた。コルベットの乗組員らは「敵艦に模した潜水艦を捜索、検知して対潜兵器システムで破壊する」訓練を行ったと声明で述べた。

戦争分析会社のロチャン・コンサルティングは2023年9月、バルチック艦隊はウクライナにおける戦争で「能力が低下」し、もはや大規模な水陸両用作戦を実行する能力はないと評していた。

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

モルガンS、アジア投資銀行部門で少なくとも50人削

ワールド

焦点:少子化財源に日銀ETF活用案、支援金巡り「埋

ワールド

パレスチナ国連加盟、審査委が勧告で合意できず

ワールド

米最高裁、議会襲撃巡り罪の一部に懐疑的 トランプ氏
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中