コラム

バイデンの再選を脅かす「第3の男」がついに登場か――出馬がささやかれる民主党の大物議員の正体

2023年11月22日(水)14時00分
ジョー・マンチン

マンチン(写真)が出馬すれば割を食うのはトランプよりバイデン JULIA NIKHINSON―REUTERS

<上院議員からの引退を表明したのは出馬への布石? この大物が第3政党から出馬すればバイデンの票を奪うことに>

私は2011年の今頃、翌年の米大統領選で再選を目指していたバラク・オバマ大統領(当時)について、こんなコラムを書いた。

「オバマ大統領にとって最大の厄介の種になるのは、現時点でまだ出馬を表明していない人物かもしれない。そして、その候補者は(民主党もしくは共和党の)指名候補ではないに違いない」


抜群の知名度を持つ人物が党内の候補者指名レースを経ずに名乗りを上げれば、無党派層の支持をかなり引き付けるだろうと、私は考えたのだ。党内の足の引っ張り合いと距離を置くことにより、無党派層に、信頼できる「大人」の政治家という印象を与えられるからだ。

結局、12年大統領選では2大政党以外の候補者の本格的な参戦はなく、オバマが共和党のミット・ロムニーを大差で退けた。

しかし、その12年後、オバマの副大統領を務めたジョー・バイデン現大統領が「第3の候補者」の挑戦を受けるかもしれない。民主党のジョー・マンチン上院議員が上院議員引退を表明したため、来年の大統領選に出馬するという臆測が広がっているのだ。

2000年大統領選以降、2大政党以外の候補者が選挙結果を左右したケースが2度あった。2000年には、消費者活動家のラルフ・ネーダーが出馬していなければ、民主党のアル・ゴアが共和党のジョージ・W・ブッシュを破っていただろう。

民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプが対決した16年大統領選でも、2000年ほど明確ではないものの、第3党の候補者が選挙の結果に影響を及ぼした可能性が高い。リバタリアン党と緑の党の候補者が出馬したことがクリントンに不利に働いたと思われる。

上院議員を引退する「本当の」理由

来年の大統領選にマンチンが出馬すれば、トランプよりバイデンの票を多く奪いそうだ。

第1に、マンチンは同じ民主党のバイデンと票を奪い合う形になる。第2に、前回大統領選でバイデンに投票した「反トランプ」の共和党支持者は、バイデンよりも、保守派寄りの民主党政治家であるマンチンを好む可能性が高い。

議会での行動を見ると、マンチンは今年に入ってとりわけバイデンの意向に背くことが増えている。21年1月~23年1月、マンチンは上院の採決で、87.9%のケースでバイデンの立場に沿った投票をしていたが、今年はその割合が21.4%まで落ち込んでいる。

2大政党以外の大統領選候補者の擁立を目指す団体「ノー・レーベルズ」(マンチンは同団体からの出馬を取り沙汰されている)の世論調査によると、8月の時点でペンシルベニア州ではバイデンがトランプを支持率で5ポイントリードしていた。

しかし、もし共和党政治家が第3の候補者として出馬すれば、バイデンのリードは7ポイントに広がり、民主党政治家が第3の候補者として出馬すれば、そのリードは3ポイントに縮小するという。つまり、マンチンが出馬すれば、バイデンの再選にとって見過ごせない脅威になる。

私の見方では、マンチンは少なくとも現時点では大統領選への出馬を考えていないように思える。なにしろ、来年の大統領選に勝ったとして、4年の任期を終えるときには81歳になっている。

マンチンが上院議員を引退する本当の理由は別のところにありそうだ。現状では、上院選に出馬しても勝てそうにないのだ。その点、大統領選に転身する可能性をちらつかせれば、上院選で負けるのが嫌で「逃げた」という印象を薄めることができる。

しかし、今後メディアで脚光を浴び、支持率が伸びれば、出馬に踏み切る可能性もある。その動向は、バイデンとトランプの運命にも影響を及ぼすかもしれない。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ軍、東部の村から撤退 アブデーフカの西方

ワールド

パレスチナ首相が辞意、「ガザ踏まえた政治的取り決め

ビジネス

オアシス、NECの応募差し止めを申し立て 航空電子

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story