最新記事
映画俳優

「すごい胸でごめんなさい」容姿と演技を酷評された米女優、「過激衣装」写真での切り返しに称賛集まる

2024年4月25日(木)17時05分
千歳香奈子
シドニー・スウィーニー

シドニー・スウィーニー(2月12日、ロサンゼルス) Kathy Hutchins-Shutterstock

<期待の若手女優シドニー・スウィーニーが、自身を「美人でもないし演技もできない」と酷評したプロデューサーに対し、ユーモアたっぷりに反論して話題に>

ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』でブレイクしたセクシー系人気女優シドニー・スウィーニーが、容姿や演技へのバッシングに対し、自身の豊満な胸をネタにした鋭い一言でぶった切って話題を呼んでいる。

【画像】【動画】「すごいおっぱいでごめんなさい」シドニー・スウィーニーが披露した「過激すぎる衣装」

ハリウッドの女性プロデューサーから「美人じゃないし、演技ができない」「見るに値しない」と酷評されたシドニーは、インスタグラムに「すごいおっぱい(Great Tits)を持っていてごめんなさい」の文字が描かれたスウェットを着た写真を投稿。ユーモアたっぷりに反論し、「このスウェットがすべてを物語っている」と喝采を浴びている。

2019年公開のクエンティン・タランティーノ監督の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でマンソン・ファミリーの一員である少女を演じて脚光を浴びたシドニーは、同じ年に放送がスタートした『ユーフォリア』でエミー賞ドラマ・シリーズ部門の助演女優賞の候補となった。現在、期待の若手女優として引っ張りだこのシドニーは、美バストが際立つドレスで注目を集めることも多く、セクシーすぎると物議も醸している。

「なぜ彼女はこんなにホットなの?」と学生に問いかけ

そんなシドニーについて、映画『花嫁のパパ』などを手掛けるキャロル・バウムが、米ニューヨークで行われたイベントで「今、みんなに愛されているシドニー・スウィーニーという女優がいるけど、彼女の何がいいのか分からない」と発言。旬の女優をこき下ろした理由は不明だが、飛行機の中で最新作『恋するプリテンダー』を観たが、人気の理由が分からなかったと述べた。

その上で、自身が教鞭をとる南カリフォルニア大学の学生たちに「美人でもないし、演技もできないし、なぜ彼女はこんなにホットなの?」と質問したが、誰も答えられなかったと語った。

シドニーの代理人は、「知識と経験を伝える立場にある女性が、他の女性を攻撃することは悲しい」と声明を発表。それがこの業界で数十年間かけて学んだことであり、生徒たちに教えるのが適切だと感じているのなら恥ずべきことだと、遺憾の意を表した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICJ、イスラエルにラファ攻撃停止を命令 1カ月内

ワールド

ガザ支援、ケレム・シャローム検問所から搬入 米・エ

ワールド

ゼレンスキー氏、ウクライナ大統領の正当性失う=プー

ビジネス

ダンスケ銀行とバークレイズ、ECB利下げ見通しを修
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目の前だ

  • 2

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 3

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 8

    テストステロン値が低いと早死にするリスクが高まる─…

  • 9

    日本を苦しめる「デジタル赤字」...問題解決のために…

  • 10

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中