最新記事
ロシア

ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライナのドローンが徹底破壊する動画が公開された

Russia's New Combat Robots Blown Up by Drones Near Avdiivka: Video

2024年4月4日(木)17時42分
エリー・クック

無人戦闘車両を手作りする元ウクライナ兵(2023年7月5日、キーウ) REUTERS/Alina Smutko

<ロシア軍が前線に配備した無人地上車両をウクライナのドローンが破壊する動画をウクライナ軍が公開。今後は、ロシア、ウクライナ両軍が競うように無人戦闘車両を戦場に送り込むことになるだろう>

ロシアが支配する東部の都市アウディーイウカの近くで、ウクライナのドローンがロシア軍の「無人地上車両(UGV)」、別名「地上戦闘ロボット」を破壊したことが新たな映像で明らかになった。ロシアが戦場に投入したような地上戦闘ロボットはおしなべて小型だが、今後の戦場ではそれが重要な役割を果たすことになるかもしれない。

【動画】ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライナのドローンが激しく破壊

ウクライナ軍第47機械化旅団による3月30日のSNSの投稿によれば、ロシア軍はウクライナでの戦闘で自動擲弾発射機を搭載した地上型戦闘ロボットの使用を開始した。

 

ウクライナ軍は、東部ドネツク地方の戦闘の激戦地となったアウディーイウカの近くで、一人称視点(FPV)ドローンを使って地上型戦闘ロボット2台を破壊したと発表した。ロシアは2月中旬にアウディーイウカを占領し、それ以来、市の西側で衝突が激化している。

テレグラムで公開した短い動画では、ウクライナ軍のドローンがロシアの地上戦闘ロボットに攻撃を加え、破壊している。

ロシアもウクライナも、無人航空機以外の地上や水上の無人兵器にも多額の投資を行っている。

組み立て式の無人車両

ロシアは、AI対応の自律型戦闘ロボット「マーカー」や、兵站支援を目的としたUGV「ズビロ」など、数種類の地上用無人兵器を開発している。ウクライナもUGVの開発と配備を進めている。

米海軍分析センターのロシア担当アナリスト、サミュエル・ベンデットによれば、前線に投入される小型の戦闘・兵站用無人車両の数はますます増えている。その多くは素早く組み立てることができる簡単な設計が特徴で、兵士やボランティアが作っているという。

ウクライナの第47機械化旅団が公開した動画には、ウクライナのドローンに激しい攻撃を受けされ、機能を失ったUGVが映っている。

「今後は、この動画にあるような安価で軽量なUGVが数多く使用されることになるだろう。すぐ破壊される可能性もあるが、次を素早く組み立てて代わりを用意することができる」と、彼は本誌に語った。

「ロシアが開発したマーカーのような大型のUGVは、ウクライナ軍が飛ばしている膨大な数の偵察ドローンに見つかりやすいため、少なくとも当面は、この戦場に大型UGVが登場することはないだろう」と、ベンデットは評価している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

指名争い撤退のヘイリー氏、トランプ氏に投票と表明

ビジネス

FRB、ディスインフレ確信も「予想より時間かかる」

ワールド

英総選挙、7月4日に実施 スナク首相が表明

ワールド

エジプト、ガザ交渉の仲介役を降りる可能性 CNN報
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 5

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    「テヘランの虐殺者」ライシ大統領の死を祝い、命を…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中