コラム

アイオワ州で圧勝、候補指名獲得の確率は80%? 大統領選「独走」のトランプが唯一、恐れる存在とは?

2024年01月18日(木)18時38分
ドナルド・トランプの大統領選

CHENEY ORR–REUTERS

<米共和党の大統領候補指名レースにおける初戦のアイオワ州で圧勝したトランプ前大統領だが、本当の敵はヘイリーやデサンティスではない?>

各種世論調査を見る限り、米共和党の大統領候補指名レースは完全にトランプ前大統領の独走状態だ。レースの開幕を告げる党員集会が1月15日に行われるアイオワ州では、直前の世論調査で2位の座を争うニッキー・ヘイリー元国連大使とフロリダ州知事ロン・デサンティスに30ポイント以上の大差をつけている(編集部注:アイオワ州党員集会でトランプは得票率51.0%の圧勝を収めた)。

唯一トランプの候補指名獲得を阻む者がいるとすれば、選挙で選ばれていない9人の判事だけだ。連邦最高裁判所はトランプの予備選立候補資格を剝奪したコロラド州最高裁の決定について審理入りを決定。2月8日に口頭弁論を実施する。

トランプが2021年1月6日の連邦議会議事堂襲撃(米政府に対する反乱だ)に関与したとしても、次の大統領になる資格があるのかどうか──この点を判断するため、時間的余裕がないなかで口頭弁論の開催を決めた最高裁の対応は、選挙戦が本格的化する前に少なくとも問題解決の糸口を示すことの重要性を示唆している。

「スーパーチューズデー」にどう影響する?

トランプの候補資格を否定したコロラド州最高裁が法的根拠としたのは、南北戦争後に南軍出身の元将軍を公職に就かせない目的で導入された憲法修正第14条3項だ。これについての連邦最高裁の判断は、全米に適用される憲法解釈の決定打となる。

コロラド州共和党は同州予備選が行われる3月5日以前に結論を出すよう求めている。この日は多くの州で予備選や党員集会が開かれる「スーパーチューズデー」だ。メーン州の州務長官は既にトランプの予備選出馬を認めない決定を下した。マサチューセッツ州とイリノイ州でも、出馬資格の剝奪を求める動きが出ている。

この騒動は最高裁にとって最悪のタイミングで起きた。「財布も剣も」持たない司法の力の源泉は、その威信と国民の信頼にあるとよく言われる。だが19年以降は保守化が進み、道徳的スキャンダルが相次いだことで、国民の支持は20%も低下した。

もし最高裁がトランプに不利な裁定を下すか、口頭弁論でコロラド州の決定に理解を示す表現が飛び出したりすれば、ヘイリー大逆転の芽が出てくる。トランプの大統領職に就く資格に疑問符が付けば、バイデン現大統領との直接対決ではヘイリーのほうが勝算が高いとする世論調査の結果と相まって、トランプ指名確実の流れは一変するだろう。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ、23年度は世界販売・生産が過去最高 HV好

ビジネス

EVポールスター、中国以外で生産加速 EU・中国の

ワールド

東南アジア4カ国からの太陽光パネルに米の関税発動要

ビジネス

午前の日経平均は反落、一時700円超安 前日の上げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 7

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story