コラム

Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

 自分の子供をドキュメンタリーとして本格的に写真に収めることは、ポピュラーとはいかないまでも、フォトドキュメンタリーの世界では時々行われる。

2015.12.08
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

本音を出さない政治家の、本質をえぐるフラッシュ

 ニューヨークを拠点とするマーク・ピーターソンは、フォト・エージェンシー、リダックスのメンバーで、長年世界の第一線で活躍している大ベテランだ

2015.11.26
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

シャガールのように、iPhoneでイランを撮る

 現在のイランは、写真の質、ボリュウムともに世界で最も勢いのある国の一つだ。そのイランの新しい写真時代を牽引する写真家の一人が、アコ・サレミ

2015.11.10
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

人間臭さを感じさせる、ディープ大阪の決定的瞬間

 大阪生まれ、大阪育ちのショウジ・オガワは、近年ディープ大阪とも言われる、釜ヶ崎や新世界を中心とした浪花の街を撮り続けているベテラン写真家で

2015.10.28
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

ロシアの過酷な現実を生き抜いた記憶を写真に収めて

 ロシアのジャーナリスト兼写真家であるディミィトリ・マルコフは、住んでいる西ロシアのプスコフで、ハンディキャップの孤児や、年配者たち、あるい

2015.10.14
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

中東の街角から、建築と人間の抽象芸術を生み出す

 ベイルート在住のサージ・ナジャールは、本職が弁護士。写真をやりはじめたのは4年前で、それまでは自分に写真の才があるなんて思っていなかったと

2015.09.28
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

NY音楽シーンの熱気を伝える、撮影者と被写体の信頼感

 ルーマニア生まれ、ニューヨーク育ちのサーシャ・レッカ。本来の仕事は、フォトエディターだ。現在の職場であるローリンング・ストーン誌も含め、著

2015.09.07
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

絶妙なカメラアイと構図が「おとぎ話のような世界」を生む

 連載第二回は、アメリカのフィラデルフィアをベースとするベテラン写真家のエリック・メンチャー。そのスタイルは、彼の言葉を借りれば、ドキュメン

2015.08.18
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

イスタンブールの匂いに誘われ、非現実的な世界へ

 今や絶大な人気を誇り、生活の一部にさえなった感のあるインスタグラム。多くの才能ある写真家、アーティストがインスタグラムを活用し、世界中を感

2015.08.03

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!