コラム

Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

最悪の関係だった父親が......逝ってしまった

 パーソナルな問題を写真で表現することは、少し前までは、ファインアートの独断場だった。だが、ここ最近、多くのフォトジャーナリスト系の写真家が

2016.05.10
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

24歳イラン人写真家のストールン・モーメント

 人は長く住んだ土地に情緒的な愛着と絆を覚える。そして写真家の場合、それが自らのプロジェクトになることが往々にしてある。今回紹介するイラン人

2016.04.26
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

拒食症、女性器切断......女性の恐怖・願望が写り込んだ世界

 写真は、とりわけ優れた写真家の写真は、音楽に非常に似ている。どちらも目に見えない何か――人間の感覚にぶつかる何かそのもの――を描き出そうと

2016.04.12
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

難民キャンプで生まれ育ち、写真家になった男

 運命的な出会いとか境遇、あるいは持って生まれたアイデンティティーそのものが写真家を大きく成長させることがある。かけがえのない財産になること

2016.03.30
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

未来を考えるため、Instagramで「東北」を発信し続ける

 今回紹介する写真家はQ. サカマキ、私自身である。このブログで、3.11に絡んだ写真を紹介してほしいという依頼をNewsweek Japa

2016.03.11
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

「iPhoneで3年だけ」の写真家が、写真をアートに昇華させる

 写真家にとって、眼の前にある現実は必ずしも1つだけとは限らない。そこには、多様な要素が存在する。見方を変えれば、あるいは要素の選択を変えれ

2016.02.23
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

このシンプルさの中に、日系人のアイデンティティーが息づく

 写真には、しばしば意図していなくても、社会的現象や撮影者のアイデンティティーが付随してくる。才能ある写真家の場合はとりわけそうだ。日系アメ

2016.02.09
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

前代未聞の「宮殿撮影」プロジェクトを完遂した、ロシアのコンセプチュアリスト

 今回紹介するのは、チェコ生まれロシア育ち、通称「カティア・ミ」ことエカテリーナ・ミシュシェンコヴァだ。グラフィック&インテリアのデザイナー

2016.01.26
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

世界にインスピレーションを与える東京発のコラージュアート

 新年おめでとうございます。年明けの1本目は、純粋な写真家ではなく、コラージュアーティストの紹介。Q-TAという作家名でインスタグラムを通し

2016.01.12
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

恋人たちを撮ることが、自分のセラピーにもなった

"Young Love"――若き日の恋は、誰もが憧れ、ときめき、人生で最も貴重な何かを経験させてくれるもの。今回紹介するジュリア・サントスは

2015.12.22

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!