コラム

24歳イラン人写真家のストールン・モーメント

2016年04月26日(火)11時06分
24歳イラン人写真家のストールン・モーメント

かっての栄華をなくしたバザー From Khashayar Javanmardi @kjavanmardi

 人は長く住んだ土地に情緒的な愛着と絆を覚える。そして写真家の場合、それが自らのプロジェクトになることが往々にしてある。今回紹介するイラン人のInstagramフォトグラファーもそんな一人だ。多感な10代半ばから10年間、そして現在も、カスピ海に面したイランのギラン州州都ラシュトに住み続け、南カスピ海地域を勢力的に撮り続けているハシャヤール・ジャバマーディだ。

 イラン側のカスピ海は、単に塩湖の湖岸地帯というだけではない。山岳地帯でもあり、降雨量が多い。長い歴史の中で諸民族が興亡したところでもある。そのため、中部、南部のイランとは異なる文化生活様式を持っている。また、カスピ海沿いはリゾート地として知られるが、同時に、イランの中でも経済発展が遅れ、貧困にあえいでいる人が多い土地でもある。ジャバマーディは、そんな変化に富む南カスピ海の風土と文化、そして、その地で日々の生活に困窮している人々の日常に焦点を当てたいという。

【参考記事】シャガールのように、iPhoneでイランを撮る

 まだ24歳ながら、構図の決め方と、光と影の取り入れ方が巧みだ。その中で、主な被写体である人物は、何か抑え込まれたような感情を、本人たちも気づかないまま静かに解き放っている。そこには、一瞬にして被写体の表情や、感情の静なる動きを切り取る「ストールン・モーメント」とも言われる技量が使われている。

 だが同時に、むしろ、彼の人懐っこさを武器にしたコミュニケーション、あるいは自分の存在を知らせた後、被写体に溶け込んでからのストールン・モーメント的な撮影パターンも多い。一度、カスピ海で撮影を共にしたことがあるが、チャンスがあればすぐ大胆にかつ親密的に人に接していた。その中で彼は、半ば無意識的に決定的瞬間を探っていたのである。

息子が刑務所にいるボートマン

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!