コラム

Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

ニューヨークのスカイラインは変化を遂げてきた

<2011年から毎日、ニューヨークの街並みを撮り続け、インスタグラムにアップしている。元ロイター通信フォトグラファーの大ベテラン、60歳のゲ

2018.11.08
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

離婚と、リストラの不安──ベテラン写真家が自身を投影した作品

<受賞歴もあるアリスティード・エコノモプロスが、自身のサイト以外では発表したことのなかったパーソナルな作品。微妙な距離感が作品に漂っている>

2018.10.24
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

長距離バスや車、貨物列車に飛び乗っての放浪の旅

<旅は人を惹きつける。旅そのものを20年以上ライフワークとしているニコラス・シラキューズが、一風変わった旅人たちを撮る> 旅は人を最も惹きつ

2018.10.14
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

写真がゴミのように消費され、東洋が異質なものとして見られる時代に

<トルコの写真家セルカン・コラックのインスタグラム作品は「ビジュアルダイアリー的なもの」。しかし、潜在的に2つの写真哲学が大きく存在している

2018.09.28
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

戦争に翻弄された写真家が、戦争に翻弄される人々を撮る

<「魔法的な光に満ち溢れていた」アフガニスタンで生まれ、難民としてスイスに渡り、写真家になったザーマイ。彼の作品には運命的な定めのようなもの

2018.09.10
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

通信社的な職人芸から生まれた、ミニマリズムのインスタグラム

<通信社タイプの写真家の作品は、単純化され没個性的になりがちだが......なぜAFPのガブリエル・ブワはこのような写真を撮れるのか> 今回

2018.08.24
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

タイの「象の足とプール」写真の源は、技巧かユーモアか、それとも...

<フラッシュを巧みに使い、ユーモアのセンスにも長けたタワンワド・ワナヴィット(27歳)。彼のポップなストリートフォトグラフィー作品の根底にあ

2018.08.02
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

ナチュラルで本物、これがゲイのセクシュアリティの世界

<男同士の裸の絡み合いが圧倒的に多いが、卑猥なだけではない。ピュアな感覚や心地良さが際立つ作品を生み出すのは、自身もゲイであるマット・ランバ

2018.07.11
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

【動画】生き物のような耽美的空間 ダンスそのものを超えようとする映像作家

<コリオグラファー(振付師)でない写真家や映像作家がつくり出すダンスの作品は、表面的になりがち。かつてダンサーを夢見たアンジェロ・ヴァスタの

2018.06.20
Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

手術されるインターセックスの子供たち トップモデルが壮絶な告白

<昨年1月、ファッションモデルのハンネ・ギャビー・オディールが、男性と女性の生理学的性質を両方有する「インターセックス」だとカミングアウト。

2018.06.07

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 7

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が…

  • 8

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 9

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 10

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 3

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 8

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    【動画】ロシア軍機が米軍機をインターセプト

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!