コラム

女優が撮ったストリートフォトグラフィーに目を見張る

2019年08月05日(月)11時15分
女優が撮ったストリートフォトグラフィーに目を見張る

From efi longinou @efi_o

<ベルリンを生活の場とする女優エフィ・ロンジヌ。写真は独学で、スマートフォンから始めた。被写体が極めて自然体である瞬間を切り取っている>

インスタグラムがきっかけとなって写真にどっぷりはまったり、それが大きな転換点となって、以後ますます自らの写真、写真哲学に磨きをかけていったりする人は多い。今回取り上げるInstagramフォトグラファーもその1人だ。

スウェーデンで生まれ、ギリシアで育ち、ここ5年ほどはドイツのベルリンを生活の場としているエフィ・ロンジヌだ。ストリートフォトグラフィーに目を見張るものがある。本職は女優だ。

写真は独学で、スマートフォンから始めたという。アテネに住んでいた頃、しばしば朝方の街中を歩き、店の家具や古い書物に目を留め、それらを写し始めた。こうした行為は単純なことに思えるが、彼女自身「幸運だった」と筆者の問いに答えてくれたように、写真家にとってはとてつもなくプラスになり得る。

東地中海周辺の歴史的建造物と強烈な太陽光が織りなすコントラストの効いた光景は、それだけで光の魔術になる。それを意図的に、それも光のよい朝方の時間帯に目に焼き付けていたのである。

始めたのは世間よりやや遅かったが、ロンジヌは2012年頃からインスタグラムにはまり込み、さまざまな写真的試みを行うようになった。他の優れた写真家たちの作品を観察し、勉強しながら。私が彼女の作品を知ったのもちょうどその少し後、2013年頃だ。

とはいえ、その頃はそれほど感銘を受けなかった。確かに、画角にある要素要素への美的な執着心と感覚は優れていた。だが、街角で決定的な写真を狙い過ぎていたためか、かえってセットアップ的な感じになっていた。

それは、ポートレート撮影でも同じだった。被写体との距離感が曖昧なためか、あるいは最終的なイメージを(無意識にしろ)意識し過ぎていたためか、結局は多くが予定調和のありきたりな作品になっていたのである。だが、ここ最近目にするようになったロンジヌの写真は明らかに以前と変わっていた。

彼女のストリートフォトグラフィーは、その王道である、Candidと呼ばれるタイプのものだ。被写体が極めて自然体である瞬間を切り取っているのである。俗に「Stolen Moment」とも言われる、被写体の喜怒哀楽やムードが最高潮に達した時を見計らって撮影しているだ。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

インドとパキスタンが極秘会合、カシミール地方の緊張

ビジネス

米ウーバー、9月中旬までにオフィス勤務再開へ

ワールド

ブラジル・サンパウロ州、コロナ重症患者の治療「崩壊

ビジネス

米スペースX、11.6億ドル調達 新株発行で

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 3

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 4

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 5

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 6

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 7

    ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

  • 8

    飲食店の「違反営業」許さず! 米市当局の過激な実力…

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中