コラム

女優が撮ったストリートフォトグラフィーに目を見張る

2019年08月05日(月)11時15分

ロンジヌ自身、ここ最近はこのCandidのスタイルを意図的に作品の中心に置くようにしている、と話す。だが、言葉で言うのは簡単でも、被写体との距離感、光、構図、そして何よりも、被写体のムードやエモーション(感情)の波長を身体と頭、感覚と思考の両方で、一瞬に見極める能力がなければならない。そうでなければ、かえって面白みがなく締まりのない写真になってしまう場合が多い。

撮影場所は、ベルリンを中心にしたヨーロッパの各地だ。そこで撮られた写真はムーディーでありドラマティックでもある。その理由は、1つには彼女の写真哲学が「人生を詩的に切り取ること」から来ているという点にある。

だが、もう1つ、彼女が女優であることもうまく作用している。これらは共に、ロンジヌにとって、人間ドラマにおける人への興味をより深く探求させてくれる触媒なのだ。

そしてストリートは、ロンジヌの言葉を借りれば、彼女の興味と観察をより加速させてくれるステージなのである。その中で、詩的な瞬間を本能的に追い求めているのだ。

プロのドキュメンタリー写真家ではタブーとされがちな、ポストプロダクション的な編集も好んで行っている。Canon 6D やFujifilm X70で撮影した写真をライトルームかフォトショップで調整した後、しばしばiPhone に移してさらなる編集を、Snapseed やVSCOのアプリを使って行うという。

その結果、彩度が少し落ちながらも、コントラストが効き、空の色なども肉眼で見たものと比べ、少しシュールになったりしている。これもまた彼女の作品の魅力の1つだ。

ストリートフォトグラフィーを「究極のスポーツ」と言い切るロンジヌ。人間ドラマの飽なき探求はまだまだ続きそうだ。

今回紹介したInstagramフォトグラファー:
efi longinou @efi_o

2019081320issue_cover200.jpg
※8月13&20日号(8月6日発売)は、「パックンのお笑い国際情勢入門」特集。お笑い芸人の政治的発言が問題視される日本。なぜダメなのか、不健全じゃないのか。ハーバード大卒のお笑い芸人、パックンがお笑い文化をマジメに研究! 日本人が知らなかった政治の見方をお届けします。目からウロコ、鼻からミルクの「危険人物図鑑」や、在日外国人4人による「世界のお笑い研究」座談会も。どうぞお楽しみください。


20210309issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

3月9日号(3月2日発売)は「人民元研究」特集。一足先にデジタル化する人民元の本当の実力――中国の通貨はやがて世界を制するのか。[PLUS]「王者」米ドル、栄光と挫折の歴史

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

三井住友FG、石炭火力の新規融資を全面停止 高効率

ワールド

ミャンマーの抗議デモで2人死亡=目撃者

ビジネス

中国、美団などの共同購入5サイトに罰金 「不適切な

ワールド

米軍などが駐留するイラクの空軍基地に複数のロケット

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 8

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 9

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 10

    「庶民派」菅首相を突き刺した、家族スキャンダルの…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!