コラム

「アカウントは2回消した、それでも飽きない」本職はビル管理人のフォトグラファーは言う

2019年12月16日(月)16時45分

From Clay Benskin @clay_benskin

<現在のストリートフォトグラフィーを代表する1人、ニューヨークのブロンクスで生まれ育ったクレイ・ベンスキン。candidに重きを置く彼が語るストリートで撮ることの魅力>

今回紹介するInstagramフォトグラファーは、ニューヨークのブロンクスで生まれ育ったクレイ・ベンスキン。現在もブロンクスに住み、本職はビルの管理人である。しかしながら、インスタグラムが世に出て以降のストリートフォトグラフィーを代表する1人といっていい。

本格的に写真――彼によれば、写真ではなく、ストリートフォトグラフィーであるが――を始めたのも、インスタグラムの登場とほぼ同じ時期の2012年頃からだ。友人に感化され、ストリートフォトグラフィーに興味を抱き、その後、インターネットの記事を通して、むさぼるように独学で習得していったという。

ベンスキンのストリートフォトグラフィーはしばしば多くのユーモアを含むが、その写真要素の中で彼が最も重きを置いているのはcandid(キャンディッド)だ。可能なかぎり、目の前にあるシーンをあるがままに写真に収めることである。基本的に被写体は人物。ストリートでどこまで気付かれずにその被写体に近づけるかが1つのポイントとなり、それにある種エクスタシー的感覚を感じるらしい。

ただ、candid、つまり、いかに人物被写体に近づけるかに撮影の力点を置き、印象的な写真を生み出しているのはベンスキンだけでない。他にも数多くのそうしたストリートフォトグラファーがいる。なぜなら、被写体との緊張をはらむギリギリの距離感、あるいは極めて自然な距離感は、ストリートフォトグラフィーに限らず、フォトジャーナリズム、フォトドキュメンタリーの王道の1つになっているからである。

実のところ、ベンスキンのストリートフォトグラフィーの魅力の秘密は、直接的な写真のテクニックやセンスではない。それは彼の人生哲学と、旺盛な好奇心から来ていると言えるだろう。前者は「誰もが物語を持っている」という哲学だ。後者は、被写体である人物に対する「Watching Skill - 観察能力」である。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

ベラルーシ五輪選手、亡命先のポーランドに到着

ビジネス

WHO、ワクチン追加接種先送り要請 米は必要に応じ

ビジネス

中国のポジティブな見通し維持、規制強化でも=AIA

ビジネス

EU、米ノババックスとコロナワクチン契約 最大2億

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中