コラム

未婚女性やバーニングマン......決して一線は越えない「普通の人」たち

2020年03月13日(金)12時10分
未婚女性やバーニングマン......決して一線は越えない「普通の人」たち

From Dina Litovsky @dina_litovsky

<女性版バチェラー・パーティーで羽目を外す女性や、ネバダ州の砂漠地帯で行われる祭典に集う人々を撮るディナ・リトフスキー。インターアクション(交流)を写真に収め、女性のアイデンティティを探求しようとしている>

今回紹介するInstagramフォトグラファーは、ウクライナで生まれ、ローティーンの時にニューヨークに移り住んだディナ・リトフスキーだ。41歳の女性写真家である。

写真家として歩み出したのは、かなり遅い。ニューヨーク大学での専攻は心理学だった。だが、当初夢を抱いていた精神科医は自分に合わないと、卒業後、写真に興味を持ち始める。その後、数年を経てからニューヨークの芸術大学、スクール・オブ・ビジュアルアーツ(修士課程)に入学し、写真を本格的に修めた。

ドキュメンタリー写真家である。作品のモチーフは、ほぼ常に一貫している。それがパブリックなものであろうがプライベートなものであろうが、人々のさまざまなインターアクション(交流)の中で行われる社会的なパフォーマンスだ。とりわけ、サブカルチャー・シーンに興味があるという。

そうしたものを通して、しばしば強烈なフラッシュを多用し、被写体とそのシーンを自身のスタイルでさらに誇張しながら、社会心理学的に探求しているのである。

それは、リトフスキーが大学時代に学ぼうとしていたものと基本的に同じかもしれないが、写真を撮ることは、彼女自身が興味を抱いていた世界へより早く通じることになり、より物事の核に迫ることができるのだという。

リトフスキーの長期プロジェクト「Bachelorette(バチェロレット:未婚女性)」は、彼女の写真家としてのアイデンティティを代表するシリーズの1つだろう。結婚を間近に控える女性たちの宴を通して、現代の女性たちの行動、心理を切り取ったものである。

ただ、現代社会が、とりわけ男性社会が今もイメージする典型的な女性像ではない。男性のバチェラー・パーティーのそれに近い。結婚で今後オープンな自由恋愛ができなくなるという現実を踏まえ、酒にどっぷり酔い、SMパフォーマンスやセックストイなどを取り入れたりして、思いっきり羽目を外しいるのだ。

一見、特別な人の特殊なパーティーに思えるが、ここ10年ほど、アメリカの至るところでお目にかかれるようになってきた光景である。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 3

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 7

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 8

    東京都、26日の新型コロナウイルス新規感染270人 連…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!