コラム

NY音楽シーンの熱気を伝える、撮影者と被写体の信頼感

2015年09月07日(月)16時40分

 ルーマニア生まれ、ニューヨーク育ちのサーシャ・レッカ。本来の仕事は、フォトエディターだ。現在の職場であるローリンング・ストーン誌も含め、著名な雑誌で活躍してきた。しばしば優れた写真は、写真を本職としない者の手によって生まれるが、彼もそうした才能を持つ一人である。

@wimbstagram and @alienzarereal

Sacha Leccaさん(@sachalecca)が投稿した写真 -



 インスタグラムでの彼の写真スタイルは、ルポルタージュ、あるいはドキュメンタリーである。ニューヨークを中心に社会的、政治的なものまで含んださまざまなハプニング、あるいは日常を切り取っている。

 とりわけ、ライフワークとも言えるライブ・ミュージック・シーンのシリーズは、多大なヴォリュームを占め、彼の才能のみならず、人間性を読み取ることができる。ちなみに、ローリング・ストーン誌のアサイメント関連の写真もあるとはいえ、その大半は彼自身のプライベートな時間を割いて撮影したものだ。

 彼には、写真哲学において、大きなリマインダー(心に留めていること)がある。"Shooting Well"(ちゃんと写すこと!)である。 ファッション写真家であった(今もだ)彼の父が、サーシャに言い渡したことばだ。意味はもちろん、技術的なことではない。自分自身が目の前で起こっている世界の一部になり、その瞬間に同調するということだ。

 事実、サーシャが映し出すミュージック・シーンからは、ミュージシャン自身も含め、ライブに没頭する人々の汗、熱気、陶酔、あるいは緊張といったものが、生の匂いとなって伝わってくる。それがしばしば、写真そのものを超え、見る者をその瞬間、目の前で起こっている現実の世界そのものとして錯覚させてくれるのだ。

 ただ、そうしたエネルギッシュなタイプの写真は、ある意味ではオーソドックスなものだ。才能のある写真家なら必ずおさえようとし、実際、おさえるだろう。むしろ、彼の才能はその場の波長に見事にコネクトすることであり、その能力は動的なシーンよりも静的な場面においての方がより顕著に表れているかもしれない。

 バックステージで撮ったSurfbort というブルックリンのロックバンドのメンバーのポートレイト(上の写真)は、まさにその一つだろう。撮影する側の気負いはまったくない。また、若手のミュージシャンたちにはよくポーズをつくりすぎることがあるが、そうした中で、つい撮らされてしまった写真でもない。そうではなく、被写体と撮影者の間には自然で何か大きな信頼感が漂っている。それが限りなく心地良い感覚を与えているのである。そして、言うまでもなく、そうした世界を作っているのは、サーシャなのである。

今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
Sacha Lecca @sachalecca

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

関電、大飯原発の設置許可取り消し判決は「承服できず

ワールド

インド中銀、政策金利据え置き 流動性支援策発表

ビジネス

中国の格付業界に規制機関が警鐘、実態にそぐわない格

ワールド

日本政府の経済対策、目玉のグリーン基金は1─2兆円

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    世界が前代未聞の公的債務の波に襲われても破綻しな…

  • 6

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 7

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 8

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティスト…

  • 9

    ステーキ、フォアグラ...どんなに食べても「食べ放題」…

  • 10

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 4

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 5

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 10

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 9

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 10

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!