コラム

娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

2015年12月08日(火)11時55分

From Gwen Coyne @gwencoyne

 自分の子供をドキュメンタリーとして本格的に写真に収めることは、ポピュラーとはいかないまでも、フォトドキュメンタリーの世界では時々行われる。優れた作品になることもある。今回紹介するカリフォルニア在住のInstgramフォトグラファー、グエン・コインもその一人だ。彼女はグラフィック・デザイナーでもある。

 数年前から娘グレッタの幼少時代、その成長過程を撮り続けている。舞台はカリフォルニアだ。コイン自身、#familyphotojournalismとハッシュタグをインスタグラムに付けてそのプロジェクトを位置づけているように、ビーチやプレイグラウンド、あるいは家でくつろぐ娘の姿を、客観的に捉えている。カリフォルニアの眩しい陽光とハイコントラストが生み出す影と光の爆発、あるいは逆に柔らかい光を巧みに取り入れて、幼少時代の子供が持つ純粋さや無邪気さを表しているのだ。

 同時にどこかダークな神秘性も漂っている。作品に強烈な光が多用されているにも関わらず、またグレッタのあどけなさにも関わらず、大人がつい見逃しがちな、子供たちの不安さ、危うさが見え隠れするのである。実のところ、この二律背反性がコインの作品の最大の魅力だ。それがなければ、単なる親バカ的な、可愛さだけを捉える写真で終わってしまうだろう。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

保険仲介エーオン、ウィリス買収撤回 米司法省が競争

ビジネス

ゴールドマン、年内の米経済成長率見通し引き下げ

ビジネス

米中、首脳会談巡り協議せず 国務副長官が王外相と会

ビジネス

米、現時点で渡航制限解除せず デルタ感染状況踏まえ

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 9

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 10

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 8

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中