注目のキーワード

米社会

ニューズウィーク日本版『米社会』に関する記事一覧

思い出として死者のタトゥーを残しませんか
タトゥー

思い出として死者のタトゥーを残しませんか

<大切な人を亡くした遺族が望めば、遺体のタトゥーを皮膚とともに切り取り、額に入れていつまでも飾ってお...

2019.09.12
「政府は真実を隠している!」 UFOブームがアメリカに再び襲来
宇宙

「政府は真実を隠している!」 UFOブームがアメリカに再び襲来

<政府による隠蔽の暴露? ただの金儲け? 米軍情報機関出身のスーパースター参戦で、「UFO研究」が謎...

2019.08.02
子犬を茹でて子供を虐待する「鬼母」と地獄の家
児童虐待

子犬を茹でて子供を虐待する「鬼母」と地獄の家

<母は子犬数匹を大鍋に入れて茹でて見せた、猫に毒を盛ることもあった――母親の虐待行為の数々を15人い...

2019.06.27
保護者の意思に反して自らワクチン接種したアメリカの高校生が公聴会出席
予防接種

保護者の意思に反して自らワクチン接種したアメリカの高校生が公聴会出席

<予防接種への躊躇が深刻な問題になっている中、両親の意思に反してワクチンを接種した高校生が公聴会に招...

2019.03.06
【廃墟写真】アマゾン時代の「墓場」を歩く
徹底解剖 アマゾン・エフェクト

【廃墟写真】アマゾン時代の「墓場」を歩く

<米小売業界に荒波が押し寄せ、かつてにぎわったショッピングモールが続々と閉鎖。この廃墟はいずれアマゾ...

2019.02.27
米国でヨガや瞑想の人気が拡大:ヨガをした人2240万人、瞑想した人は5年で3倍
流行

米国でヨガや瞑想の人気が拡大:ヨガをした人2240万人、瞑想した人は5年で3倍

<米国でヨガや瞑想を行なっている人が、ここ5年に急増していることがわかった> 古代からの自己鍛錬法...

2018.11.14
「性的暴行ホットライン」への相談電話急増...全米が注目した公聴会を観て
セクハラ

「性的暴行ホットライン」への相談電話急増...全米が注目した公聴会を観て

<連邦最高裁判事候補から性的暴行を受けたと告発した心理学教授と、判事候補本人がそれぞれ、上院司法委員...

2018.10.01
冷戦期以来、アメリカでも売れ始めた核シェルター
核戦争

冷戦期以来、アメリカでも売れ始めた核シェルター

<北朝鮮の弾道ミサイルの射程が伸びるのに伴って、アメリカでも核シェルター市場が活気づいている> 挑...

2017.09.20
メキシコ国境、壁の代わりに「次世代交通網」を:トランプ政権に提案
建設計画

メキシコ国境、壁の代わりに「次世代交通網」を:トランプ政権に提案

トランプ米大統領が進めている、米国とメキシコの国境を隔てる壁の建設計画。これを受けて、米国税関・国境...

2017.04.13
オルタナ右翼とゲーマーゲートと呼ばれる事件の関係
アメリカ社会

オルタナ右翼とゲーマーゲートと呼ばれる事件の関係

<ドナルド・トランプの一部の支持層として、オルタナ右翼(alt-right)と呼ばれるの右翼・保守思...

2016.09.21
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら