コラム

中東の街角から、建築と人間の抽象芸術を生み出す

2015年09月28日(月)13時15分

 ベイルート在住のサージ・ナジャールは、本職が弁護士。写真をやりはじめたのは4年前で、それまでは自分に写真の才があるなんて思っていなかったという。しかし、写真をやる前から彼の眼は研ぎ澄まされていた。才能があったのはいうまでもないだろうが、現代アートの本やカタログを読みあさって育ったことが多大な影響を与えたらしい。今では、パリフォトを含む国際的な写真祭で写真が展示されている。




 ナジャールの情熱は、建築、いや建築を通した彼自身の世界に捧げられている。有名な建築よりもむしろ、ありきたりの建物のある場所が彼の写真家としてのプレイグラウンドだ。形状と線、それに光と影が交錯する瞬間を、眼の前に存在する絵としてではなく、心の眼で切り取っていく。本能に沿って、より抽象芸術に近づけていくことに惹かれるという。事実、そうしてできあがった作品は、シュールで潜在的な何か、あるいは記憶の奥底にある何かを喚起する。

 大半の作品には、巨大な建築物をバックに小さな人間が置かれているが、意図的にそうしているのは、作品に温かみと大きさの感覚を与えるからだ。同時に、人間自身はより抽象的になる。

 さらに、こうした彼の作品の特質は、それが意図的にしろ、そうでないにしろ、我々が現実と信じているものに対し、不確実性とか儚さという命題を提起してくる。作品の中での巨代な建築物と小さな人物の対比は、ごく自然に、人類の支配性という概念に疑問を投げかけてくる。

 また、写真の中の多くの人物は、その建築物をいま建てている労働者で、その間そこに住んでいる人々だ。建築物が一時的な住み家(すみか)になっているのである。仕事が終われば、他のプロジェクト(建物)に移動する。それが続いていく。事実、彼自身このようにいう。「たぶん、アートと建築と現実の間に橋をかけようとしているんだ」

 いくつもの写真プロジェクトの構想があるにもかかわらず、ナジャールは今も週末の写真家だ。戦争状態が続いているベイルートで、テロリストに間違えられないように気をつけながら、自分の世界を撮り続けている 。同時に、素晴らしい妻と二人の子供を持つ彼には大きなルールが一つある。何をしようとも、情熱(写真)よりも愛を大切にすること、である。

今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
Serge Najjar @serjios

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

米国との関係、一部のダメージは「修復不可能」=中国

ビジネス

ドイツ鉱工業受注指数、10月は前月比+2.9% 予

ビジネス

関電、大飯原発の設置許可取り消し判決は「承服できず

ワールド

インド中銀、政策金利据え置き 流動性支援策発表

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティスト…

  • 6

    世界が前代未聞の公的債務の波に襲われても破綻しな…

  • 7

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 8

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 9

    ステーキ、フォアグラ...どんなに食べても「食べ放題」…

  • 10

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 4

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 5

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 8

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 9

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 10

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!