コラム

絶妙なカメラアイと構図が「おとぎ話のような世界」を生む

2015年08月18日(火)16時30分

 連載第二回は、アメリカのフィラデルフィアをベースとするベテラン写真家のエリック・メンチャー。そのスタイルは、彼の言葉を借りれば、ドキュメンタリーとファインアートの要素を絡ませたストリート・フォトグラフィーだ。

There Are Dark Shadows On The Earth, But Its Lights Are Stronger In The Contrast-Dickens

Eric Mencherさん(@emencher)が投稿した写真 -


After Munkácsi

Eric Mencherさん(@emencher)が投稿した写真 -


 作品には、シャドウ&ライトの技法(強い光と影でコントラストを極端にした写真)がしばしば多用されるが、今流行りの、シャープ感だけを追求するストリート・フォトグラフィーではない。そうした写真はカッコよくみえてもすぐに飽きる。むしろ彼の良さはその対極にある。詩的だがどこかほっとするようなユーモアが多くの作品ににじみでている。加えて、シュールでもあるのだ。

 近年、精力的に撮り続けているグアテマラ、メキシコのシリーズは、その典型だろう。湖面の高さが6メートルも変動するという火山湖アティトラン、部族社会に暮らすマヤ族の日常、宗教儀式などをモチーフにし、スピリチュアル的な匂いと共に、我々を「おとぎ話のような世界」に誘ってくれる。心地良い安定感も伝わってくる。絶妙なカメラアイと構図がそれを生み出している。

 こうしたメンチャーの作品の特性は、彼の輝かしい経歴、挫折、そして復活という人生そのものからきているのかも知れない。もともと彼は、フィラデルフィア・インクワイアーという著名な新聞社で世界的に活躍していたフォト・ジャーナリスト。同時に癌サバイバーである。その大病がもとで、22年におよぶ新聞社でのキャリアを閉じたが、写真家として生き延びる。いやそれどころか、今も成長を続けている。

 現在の写真哲学を彼はこう語る。「新聞社時代の衣を意図的に脱ぎ捨てている......善悪のはっきりした写真でなく、むしろ見る者の経験や知識によって奥行きが深まるような写真をとりたい」そして、「インスタグラム、iPhone など、新しい表現形態の中でも挑戦していきたい」と。

今回ご紹介したInstagram フォトグラファー:
Eric Mencher @emencher

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

米司法省、クシュナー氏弁護士を捜査 恩赦巡る汚職疑

ビジネス

産業再生機構のような組織が必要、空の国際線は1社で

ワールド

米国との関係、一部のダメージは「修復不可能」=中国

ビジネス

ドイツ鉱工業受注指数、10月は前月比+2.9% 予

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティスト…

  • 6

    世界が前代未聞の公的債務の波に襲われても破綻しな…

  • 7

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 8

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 9

    ステーキ、フォアグラ...どんなに食べても「食べ放題」…

  • 10

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 4

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 5

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 8

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 9

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 10

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!