注目のキーワード

メキシコ

ニューズウィーク日本版『メキシコ』に関する記事一覧

大寒波のテキサスからリゾート地へ、地元選出クルーズ議員が写真拡散で炎上、「良いパパに」と釈明
災害

大寒波のテキサスからリゾート地へ、地元選出クルーズ議員が写真拡散で炎上、「良いパパに」と釈明

<死者多数、停電や断水に苦しむ州民にステイホームを呼び掛け、自身はメキシコのカンクンへ。共和党上院議...

2021.02.22
        
サイバー諜報企業の実態 人権活動家やジャーナリストを狙って監視・盗聴
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

サイバー諜報企業の実態 人権活動家やジャーナリストを狙って監視・盗聴

<サイバー諜報企業のツールは言論を封殺するための利便性の高いツールとなっている。人権活動家、市民団体...

2021.02.08
「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた
セレブ

「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

<2人の医師からこれ以上の手術はできないと断られた、という噂も> モデルとしてインスタグラムで多く...

2021.01.25
象徴的公約「国境の壁」完成を急ぐトランプに世論は?
不法移民

象徴的公約「国境の壁」完成を急ぐトランプに世論は?

不法移民に対する世論の反発を追い風にしてきたトランプ米大統領にとって、メキシコ国境沿いの「壁」建設と...

2020.12.07
トランプ公約の「国境の壁」建設、年内完成を急ぐ
不法移民

トランプ公約の「国境の壁」建設、年内完成を急ぐ

<バイデンもできてしまったものを壊す気はないようだが、地元からは税金の無駄遣いだと批判の声> ドナ...

2020.11.30
        
「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか? あるベストセラーが巻き起こした論争
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか? あるベストセラーが巻き起こした論争

<キム・カーダシアンの下着ブランドへの批判で日本でも話題になった「文化の盗用」だが、その判断基準は明...

2020.08.04
メキシコ、新型コロナ死者3万5000人突破でイタリア抜き世界4位に 葬儀場データによる実態はその倍か?
感染第2波

メキシコ、新型コロナ死者3万5000人突破でイタリア抜き世界4位に 葬儀場データによる実態はその倍か?

ロイターのデータによると、メキシコの新型コロナウイルスによる死者の累計は12日に3万5000人を突破...

2020.07.13
メキシコ麻薬戦争ついに首都へ 大統領の「非暴力宣言」尻目に治安担当者が暗殺未遂
事件

メキシコ麻薬戦争ついに首都へ 大統領の「非暴力宣言」尻目に治安担当者が暗殺未遂

「麻薬戦争」が繰り広げられるメキシコの中でも、首都メキシコ市は比較的平穏なオアシスに近いと考えられて...

2020.07.06
中南米、新型コロナ死者10万人突破 10月までに約39万人に増加=米研究所
パンデミック

中南米、新型コロナ死者10万人突破 10月までに約39万人に増加=米研究所

米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)は24日、中南米地域の新型コロナウイルス感染による死者...

2020.06.25
中南米の新型コロナ拡大、死者10万人突破 メキシコとブラジルが深刻
パンデミック

中南米の新型コロナ拡大、死者10万人突破 メキシコとブラジルが深刻

ロイターの集計によると、中南米の新型コロナウイルス感染症による死者が23日、10万人を超えた。欧州や...

2020.06.24

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice