コラム

地中海で見つけた長寿の意外な秘訣/What it takes to(~するために必要なもの)

2017年08月23日(水)11時15分
地中海で見つけた長寿の意外な秘訣/What it takes to(~するために必要なもの)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
The Secret to Living Longer May Be Your Social Life
https://www.ted.com/talks/susan_pinker_the_secret_to_living_longer_may...

登壇者:スーザン・ピンカー

100歳以上まで長生きすることは、誰しもが望むことであろう。そのため、それを研究している学者は多く、このTEDトークのスピーカーである心理学者のスーザン・ピンカー氏もその1人だ。

彼女が特に関心を持ったのは、先進国では一般的に女性が男性より長生きすることが知られているにもかかわらず、男性が女性と同程度に長く生きる場所があるということだ。それは地中海にあるサルディーニャ島。100歳を超える人が北米の10倍ほどいるというその場所で、好奇心に駆られたピンカー氏は島民たちを研究した。

まず彼女が発見したのは、サルディーニャの人々の長寿の理由のうち、遺伝子によるものはたった25%だということ。残りの75%は生活習慣による結果だった。その中で最も長生きに関連した生活習慣は"社会的一体性"だったそうだ。

サルディーニャの人々は、毎日のようにたくさんの人と交流し、コミュニケーションを取っている。つまり、彼らは孤独な生活を送っていない。コミュニケーションの多くがインターネットやSNS経由になっている今日、これは大きな教訓だと言えるだろう。

【参考記事】日本人が世界に伝える、長寿の秘訣としての「生きがい十戒」

キーフレーズ解説

What it takes to
~するために必要なもの
(動画3:48より)

何かに必要とされていること、特質、資質、素質や能力を示す際、what it takes toが使われます。要するに、何かの条件を示すために用いられる表現です。この場合のtakeは「~を要する」という意味になります。

このTEDトークで、ピンカー氏がポジティブ思考を持つ102歳の男性と出会ったとき、彼の性格こそがwhat it takes to live to be 100 or beyondなのではないかと思ったそうです。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●I don't think that Trump has what it takes to be an effective President.
(トランプは効果的な大統領になるために必要なものを持っていないと思います)

●The test is intended to measure whether students have what it takes to succeed in college.
(その試験の主旨は、学生が大学で成功するための能力を持っているかどうかを測ることです)

●People who succeed are willing to do whatever it takes to make their dreams come true.
(成功する人は自分の夢を実現させるために必要なことを何でもする姿勢を持っています)

【参考記事】老化はもうすぐ「治療できる病気」になる

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ワールド

トルコ、米電化製品を「ボイコット」 大統領がドル売

ワールド

伊ジェノバで高速道路の橋が崩落、少なくとも22人死

ワールド

英国会議事堂前で車が突っ込み2人負傷、男1人を逮捕

ビジネス

中国、固定資産投資が過去最低の伸び 一連の指標で景

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!