コラム

今だからこそ観るべき? インバウンドで増えるK-POP非アイドル系の来日公演

2024年04月24日(水)14時00分
韓国のシンガーソングライター・IU(アイユー)

8年ぶりの来日公演を横浜アリーナで開催したIU。こちらはソウルコンサートのようす 이지금 [IU Official] / YouTube

<かつてない海外アーティストの来日公演ラッシュ、その背景とは?>

音楽ライターの仕事にもいろいろある。なかでもライブレポートは特に依頼が多い。「無料で観ることができるなんてうらやましい」と言われがちだが、とんでもない。オープニングからアンコールまで出演者の歌声や動き、一言一句を集中して見聞きして、ひたすらメモを取る。大きな会場ではステージが遠すぎてよく見えない場合もめずらしくなく、ライブハウスでは混み合う客席の中で頭の合間から様子をのぞいて書くときもある。終演後は決まってぐったり。プライベートで鑑賞するのが一番。それが本音である。

いきなり愚痴になってしまって申し訳ないが、K-POPの来日公演はコロナの5類移行後に大小を問わず公演が一気に増えたため、このような取材時の苦労を味わう機会が多くなっているのが実状だ。だが、たくさんの現場をこなしているからこそ分かることもある。K-POPの日本公演と言えば、長い間アイドルがメインだったが、近頃は非アイドル系も充実してきた──。これが直近1年の印象だ。

理由ははっきりしている。日本政府が2023年8月、音楽や演劇などをするために外国人アーティストが来日する際の興行ビザの要件を大幅に緩和したためだ。1日あたりの報酬が50万円以上に及ぶアーティストの場合、以前は滞在できる日数は15日以内だったのが30日以内に。すると長期ツアーも可能になってくる。

また、小規模な会場で行うイベントは、これまでは訪日する外国人アーティストに海外で2年以上の活動経験が必要で、舞台や控室の広さなどにも要件を課してきたが、昨年の改正によって一定の実績がある団体が受け皿になるのであれば、対象者の活動経験や会場の広さなどは問わないことになった。

円安で海外のファンがコンサートのため来日

一連の緩和によってキャリアの浅いニューフェイスをはじめ、非アイドル系のグループやシンガーも比較的楽に来日公演を開催できるようになったわけだが、時を同じくして歴史的な円安でインバウンド(外国人が日本を訪れる旅行)が急増したのも、さらに状況を好転させた。

母国ではチケットの競争率が高くてなかなか観られないアーティストでも日本だったら比較的入手しやすいし、ついでに観光もできる。そんな経緯でやってきた外国人のおかげもあり、日本で充実した大型公演を開催する実力派アーティストが目立ってきた。インバウンドの効果を生かしたと言える最近の例は、韓国のシンガーソングライター・IU(アイユー)である。

プロフィール

まつもとたくお

音楽ライター。ニックネームはK-POP番長。2000年に執筆活動を始め、数々の専門誌・ウェブメディアに寄稿。2012年にはK-POP専門レーベル〈バンチョーレコード〉を立ち上げ、イ・ハンチョルやソヒといった実力派を紹介した。現在は『韓流ぴあ』『ジャズ批評』『ハングルッ! ナビ』などで連載。LOVE FMLuckyFM楽天ポッドキャストの番組に出演中。著書は『K-POPはいつも壁をのりこえてきたし、名曲がわたしたちに力をくれた』(イースト・プレス)ほか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story