コラム

自分の弱さを認めることが「強さ」になる/hack into(~を分析して理解する)

2016年03月25日(金)06時04分

【今週のTED Talk動画】The Power of Vulnerability - Brene Brown
https://www.ted.com/talks/brene_brown_on_vulnerability?language=en

登壇者:ブレネー・ブラウン

 このTED Talkはあまりに人気が高いため、登壇者ブレネー・ブラウンの人生を変えたとも言われている。それほどに人の心に触れる話だった。彼女が扱っているテーマは、誰にでも関係のあるものだ。それは"どのように他の人との関係をつくっているか"。ソーシャルワークを専門とする学者として人と人との関わり方を研究する中で、vulnerability(自分の弱さを認めること)が重要なテーマとして上がってきたという。

 6年間、多くの人と話し、彼らの語るストーリーを何千も聞き出してきた結果、愛情と帰属意識(所属性)を最も強く持っている人は、自分の弱い部分も認めているということをブラウン氏は発見した。例えば、相手より先に「I love you」を言うと、自分の弱さから喜びが生まれるのだそうだ。このTED Talkは、他の人との接し方を見直す良いきっかけになるだろう。

【参考記事】自らの経験からうつ病の本質を突き止めた作家/In its grip...(~につかまれて)

キーフレーズ解説

Hack into
~を分析して理解する

(動画3:00より)

 hackという言葉を聞くと、スキルを使ってコンピューターシステムに潜入し、大混乱を引き起こす人々、すなわちハッカーを彷彿とさせます。その場合、動詞としてhack は「侵入する」という意味になります。しかし、このTED Talkでブラウン氏は、この表現をコンピューターではなく、それ以外の何か難しいものに入ろうとするという意味で使っています。そう考えると、この場合のhackは「難しい問題に賢い解決策を見つける」です。

 このTED Talkで彼女は、その意味で2回、hack intoを使っています。最初は、複雑なことを分析してその原理を理解するのが好きだという話の中で使われており、2回目は、彼女がソーシャルワーカーとして人の生活にhack intoしていると言っています。ここでは、人の内面を分析しているということを意味します。

 ここでいくつか使用例を紹介します:

●A good writer tries to hack into the brains of his readers.
(良い著者は読者の頭脳に立ち入り理解しようとします)

●Sleep researchers are attempting to hack into the workings of the circadian rhythm.
(睡眠の研究者は概日リズム〔サーカディアン・リズム〕の動きを分析して理解しようとしています)

●I will try to hack into the concept, and let you know how it goes.
(そのコンセプトを分析しようとします。後で報告します)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反落で引け、FOMC控えで買い見送りムー

ビジネス

マイナス金利深掘りは慎重な検討を、収益に大きな影響

ビジネス

午後3時のドルは110円付近、FOMC待ちでこう着

ワールド

中国「台湾巡る共謀に対応」、軍用機の台湾防空識別圏

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 2

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中