コラム

米社会は経済再開へ、混乱回避の試行錯誤が続くニューヨーク

2020年05月19日(火)18時45分
米社会は経済再開へ、混乱回避の試行錯誤が続くニューヨーク

ニューヨーク市では当初、公共の場所でのマスク着用を義務化したが Andrew Kelly-REUTERS

<NYでは当初、公共の場所でのマスク着用を義務化していたが、反発が高まると無料マスクの配布に方針転換――経済活動と感染対策のバランスに苦心している>

アメリカの中西部、南部などでは現在、新型コロナウイルスの感染がまだ拡大している状態なのに、「ロックダウン反対デモ」が吹き荒れ、各州は経済活動を再開し始めています。この点に関しては、トランプ政権のホワイトハウスが示した「14日連続の感染者数減少」を条件として経済活動再開の次のステップに進めるというガイドラインが無視された格好です。

もっとも、トランプ大統領がすでにこのガイドラインを無効だとしていますし、ツイートで流す本音では「無観客試合なんてナンセンス」とか「自由を求めて戦え」などといった煽りを続けているのですから、話になりません。話にならないといえば、トランプ大統領はかねてから抗マラリア剤の1つである「ヒドロキシクロロキン」が新型コロナ肺炎に効くとして、承認もされないうちから勝手に「素晴らしい薬だ」などと持ち上げていました。

18日に大統領が明かしたところでは、トランプ大統領自身は毎日受けているPCR検査では一度も陽性になったことはないのですが、この「ヒドロキシクロロキン」を一週間と少し前から飲んでいるというのです。大統領が「確かに飲んでるよ」と言った瞬間、報道陣は呆気に取られていました。認可されていないという以前に、この薬剤は仮に効くとしても予防薬ではないですし、その一方で心臓への負担などの副作用も指摘されているからです。

ただし、この大統領の行動パターンからすると、本当に飲んでいるかどうかは疑わしいと思います。どういうことかと言うと、科学や教養に劣等感を持った人々に寄り添えば政治的な支配が可能だという一種の「人心掌握術」の一つと考えられるからです。それにしても、以前には大統領が勧めたからとして、この薬剤と類似のクロロキンの、それも医薬品ではない純度の低い薬剤を飲んで死んだ人がいたのですから、いい加減にしてもらいたいものです。

クラスター発生の刑務所から受刑者を釈放

このトランプの手法はかなり悪質なものですが、各州や各市としてコロナ危機によって荒廃した人心をどう落ち着かせるかというのは、非常に苦労しているテーマです。

この点で試行錯誤が続いているのが、デブラシオ市長のニューヨーク市です。例えば、4月の時点で「無症者からの感染拡大を防止」するためとして、アメリカでは画期的な「公共の場でのマスクの義務化」を行った際には、いかにも熱血正義派の市長らしく、注意に従わない人は警察が強制力を行使すると強引に進めたのでした。

ですが、今度はアフリカ系などから「マスクをすると他の人種から凶悪犯と間違われる」として「ヘイトを誘発しかねない」という反発が上がりました。結果として、警察力の行使は抑制し、その代わりにスーパーや公園では無料のマスクを配布するなど、試行錯誤を続けています。

また、有名なニューヨーク最大のレイカーズ刑務所でクラスターが発生すると、市長は凶悪犯を除く受刑者に対して「健康を優先する」として釈放しました。すると、行き場のない受刑者はホームレス化して暖かい地下鉄車内を居場所にしたのです。この状態に対しては、ニューヨーク州のクオモ知事が激怒して、深夜に地下鉄を運休して「消毒」を行い、ホームレスを追い出したのでした。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、香港情勢巡り中国主席への制裁「考えてい

ワールド

デモ対応、軍投入が必要になるとは思わず=トランプ米

ビジネス

LVMHのアルノーCEO、ティファニー買収で再交渉

ワールド

米政府、コロナワクチン製造で有望な5社選定=NYT

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!