コラム

『スター・ウォーズ』完結、半世紀の米現代史を反映した3つの3部作

2019年12月24日(火)16時00分
『スター・ウォーズ』完結、半世紀の米現代史を反映した3つの3部作

多様性に配慮したキャスティングも新3部作の特徴(今月18日にロンドンで開催されたプレミア上映会) Henry Nicholls-REUTERS

<オリジナルの公開から実に42年......ベトナム敗戦、対テロ戦争、多様性尊重とそれぞれの時代背景が色濃く投影されてきた>

当初はジョージ・ルーカスが設立したルーカスフィルムと、20世紀フォックスによって制作された映画『スター・ウォーズ』シリーズは、2012年にディズニーがルーカスフィルムと『スター・ウォーズ』に関する全ての権利を買収し、新たに「エピソード7~9」の「新3部作」を制作していました。

その新3部作も、今回の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(原題は "Star Wars: The Rise of Skywalker")』で完結し、ルーカスが言及していた当初計画の全9部作が完成したことになります。完結編となった『スカイウォーカーの夜明け』については、あまりに多くの要素が短い尺の中に詰め込まれており、作品としては「見づらい」印象です。

ですが、その反面で過去の8作で展開されたエピソードやテーマを、残すことなく「落とし所」へ持っていった点では、及第点とも言えるでしょう。編集の窮屈な点については、今後拡大版が用意されるのではと思わせる印象があります。

それにしても、最初は『スター・ウォーズ』というタイトルで公開された「エピソード4」公開(1977年)から42年という歳月が流れました。この全9作は、4から6のオリジナル3部作(77~83年)、そして1から3の前3部作(99~2005年)、そしてディズニー買収後の後半の3部作(2015~19年)という3つの3部作に分けることができます。そして、それぞれの3部作は、それぞれの時代を反映してきました。

重苦しい古典劇のような前3部作

まずオリジナルの3部作は、1973年に米軍が南ベトナムから撤退し、75年に北ベトナムによりベトナムが統一された、つまりアメリカが事実上ベトナム戦争に敗北した直後に制作されました。また、そのベトナム撤退を判断したニクソン大統領は、ウォーターゲート事件による弾劾手続きが進む1974年に辞任しています。

つまりアメリカは戦争に敗れ、同時にリーダーシップへの懐疑にとらわれていたのでした。そんな中でオリジナル3部作は、善悪二元論に立ちながら、強大な悪に追い詰められつつも友情や信頼をベースとした団結によって善の側が勝利してゆくという一種の「アメリカンドリームの復権」を描いたと言えます。さらに、東洋哲学的な「フォース」という概念や、どこか日本の着物を意識した衣装などには、キリスト教文化から自由になりたいという当時の若い世代の意識が反映していたとも言えるでしょう。

一方、「エピソード1~3」の前3部作は、一転して「善が崩壊して悪に転落する」というネガティブなストーリーが「これでもか」と描かれています。ここには、中東情勢の悪化を受けて、9.11の同時多発テロをきっかけにアフガニスタンとイラクでの戦争へと突入していったアメリカの「自己否定」という問題が強く反映されていたのでした。

戦争に突入する暗さに加えて、議会制民主主義が機能不全になって独裁が開始されるというディストピア的な政治観も表現されていました。それと同時に、ポップなエンタメであったシリーズが、重苦しい古典劇のような雰囲気に染まっていった時期でもあります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

米大統領、CDCやファウチ氏への批判強める コロナ

ワールド

原油市場は均衡に近づく、需要緩やかに回復=OPEC

ワールド

世界の新型コロナ感染、1300万人突破 米大陸が半

ワールド

香港国安法巡る対中措置、独仏案をスウェーデンが支持

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!