コラム

トランプを恐れぬ女性、ニッキー・ヘイリーの野心とは?

2018年12月13日(木)16時15分
トランプを恐れぬ女性、ニッキー・ヘイリーの野心とは?

次期大統領選に出馬するという憶測まで出ているヘイリー Mike Segar-REUTERS

<国連大使の「円満辞任」を強調するニッキー・ヘイリーだが、ワシントンでは次期大統領選に向けてさまざまな憶測が飛んでいる>

ニッキー・ヘイリー氏と言えば、この年末で国連大使を辞任することが決まっており、その退任日が近づいてきたことから、公的な場などでの発言が注目されています。特に12月12日に放映されたNBCテレビの独占インタビューでは、クレイグ・メルヴィンというアフリカ系キャスターの鋭い質問に対して、実に見事な切り返しを見せていました。

まず、メルヴィンが辞任の理由を尋ねると「自分の任務を全て完了したからです」とスパッと答えて、全く付け入る隙を与えませんでした。

そこでメルヴィンは、「大統領は側近の辞任に対して怒ったり、悪口を言ったりすることがありますが、あなたも悪く言われることを恐れてはいませんか?」と尋ねたのですが、ヘイリー大使は「それは絶対にありません」と即答していました。「私は、大統領とは全てを率直に語り合ったし、自分の仕事は全て完遂したので批判される可能性はありません」と胸を張ったのです。

では「在任中に成し遂げた最大の成果は?」と問われると、これまた間髪を入れずに「国連大使として、対北朝鮮の制裁に対して国際社会が結束して対処させることに成功したこと」と述べていました。そして「その結果として相手を交渉の場に引っ張り出すことができたのです」としていました。これも微妙な発言で、トランプの対北朝鮮外交を評価しているようで、その一方で国際社会の結束を重視するということは、トランプの自己流外交を批判しているようにも取れるわけです。

さらに「大統領の予測不能なレトリックにどう対応したんですか?」という質問に対しては、「確かに大統領からの電話があると、その指示のほとんどは予想外の内容でした。しかし、どんな時も私は率直に自分の見解を述べ、お互いに納得のいくまで意見交換をして結論にいたっていたので、任務を完遂できたのです」という完璧な受け答えをしていました。

とにかく「私は大統領に批判される可能性はない」と胸を張りつつ、「任務を完了した」からホワイトハウスを後にするというのは、何とも大胆不敵と言わざるを得ません。

具体的な問題、例えば「サウジによるカショギ記者殺害事件」に関しては「サウジは重要なパートナーであり、特にイランとのバランスを確保するには絶対に必要な同盟」だとしながらも「しかしこのような事件(カショギ殺害)があった場合には、一歩下がる必要があります」「少なくとも真相の解明と再発防止を保証させなくては外交ではありません」と、取りようによってはトランプ批判とも聞こえる正論を主張して、全く動揺を見せないのです。

大胆不敵といえば、10月の時点である会合でスピーチを行ったヘイリー大使は、「私がインド系アメリカ人だと知ったトランプ大統領は、『君はウォーレン議員とは同じ部族なの?』と聞いて来たんですよ」と述べて、場内の爆笑を誘っていました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!