コラム

テキサスの落選候補がなぜ民主党の期待の星なのか

2018年11月13日(火)17時40分
テキサスの落選候補がなぜ民主党の期待の星なのか

オロークは現職のテッド・クルーズ上院議員に僅差で肉薄した Mike Segar-REUTERS

<テキサス州上院選で現職のテッド・クルーズに敗れた民主党候補のオロークが「ヒーロー扱い」されているのは、本人のキャラクターが魅力的というだけではなく......>

アメリカの中間選挙は、まだフロリダ州の上院選と知事選で決着がついておらず、2000年大統領選の「ブッシュ対ゴア」対決の際にも行われた「再集計」が始まっています。その一方で、僅差だったアリゾナ州では、共和党候補が「敗北宣言」を行ったために民主党新人の勝利が確定し、上院の議席数は「共和党52対民主党47(残1=フロリダ)」となりました。

選挙が終わると同時に、アメリカの政局は2020年の総選挙、つまりトランプ大統領が「2期目」を目指す大統領選(と同時に行われる上下両院の選挙など)に関心が移っています。大統領は、とにかく再選のためには必死ですし、民主党はホワイトハウスを奪還するために必死になる、その前哨戦が始まったと言えます。

そんな中で、奇妙なことに、今回の上院選で新人としてチャレンジして敗退した候補が、依然として「大統領候補への待望論」を語られたり、「落選したのに殊勲者」という評価をされています。

それは、テキサス州で現職のテッド・クルーズ議員に敗北したビト・オローク候補です。オローク候補は現在46歳、民主党の下院議員を3期務めていますが、その前は故郷のテキサス州エルパソで、スタントン・ストリート・テクノロジー社という会社を起業して経営していました。

では、どうして今回の上院選で「落選したのにヒーロー」扱いされているのか、それも大統領候補とか副大統領候補に取り沙汰されているのかというと、一つには本人のキャラクターが魅力的ということがあります。

ですが、それ以前の問題として選挙区の事情があります。テキサス州は保守の地盤ですが、1990年代までは2議席ある上院議員のうち1つは、ロイド・ベンツェンという民主党の長老が占めていました。ですが、93年にその議席を共和党が奪って以来、25年にわたって上院の議席は常に共和党が占めてきています。

また、大統領選についていえば、1980年のレーガン1期目以来、2016年のトランプに至るまで36年間に渡り、テキサス州は「すべて共和党候補を選出」してきています。例えば、2016年の場合は、

▼ドナルド・トランプ......469万票(52.1%)
▼ヒラリー・クリントン......388万票(43.1%)

と大差で共和党が勝っています。ところが、今回の上院選では、

▼テッド・クルーズ......424万票(50.9%)
▼ビト・オローク......402万票(48.3%)

という僅差になりました。これはアメリカ政治にとって画期的な事件です。オローク候補は、負けたのですが20万票差(2.6%)まで共和党現職に肉薄したからです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

中国、できるだけ早期の対米通商合意望む=商務次官補

ワールド

NZホワイト島で火山噴火、1人死亡・複数が負傷

ワールド

アングル:混迷する英総選挙の予測はAIで、世論調査

ビジネス

日経平均は続伸、模様眺めで東証1部売買代金は2兆円

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日本企業への調査で

  • 4

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 5

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 6

    【デモ隊の告白12】「プロテスタントとカトリックが…

  • 7

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    「ダイバーシティ」が上滑りする日本よ、真の多様性…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!