コラム

トランプ施政方針演説、依然として見えない政策の中身

2017年03月02日(木)17時15分
トランプ施政方針演説、依然として見えない政策の中身

就任後初の施政方針演説は「大統領らしい」と好評だった Jim Lo Scalzo-REUTERS

<就任後初の施政方針演説は意外にも好評だったが、オバマケア廃止後の医療保険をどうするか、移民政策をどうするか、依然として政策の具体的な中身は見えてこない>

今週火曜28日の夜、トランプ大統領は就任後初の上下両院議会演説に臨みました。一夜明けたアメリカでの報道は、意外に好評で「大統領らしい」とか「暴言を止めて少し成長した」「分断から和解をというメッセージは良かった」というような評価が見られます。

ただ、演説の内容については、メリハリがなく具体案があまりに乏しかったと思います。演説そのものも、いつもの勢いはなく終始硬さが取れない感じで、特に最後の方は精彩を欠いていました。

具体案が見えないと言いましたが、具体性にかけるスピーチというのは、世界中の政治家によくあるもので、特に珍しくはありません。ですが、トランプ大統領の場合は、本人と周囲の発言にズレがあることが多く、今回の演説も、例えば政権周辺からの発言や大統領の過去の発言と照らし合わせると、一貫性に欠けるものが多いのです。そのために、発言に説得力が感じられません。

まず、気になるのが予算の策定方針です。トランプ大統領は、昨年11月9日未明の大統領選の勝利宣言で、国内インフラ更新へ大規模な投資をすることを言明しています。ところが、今週27日の全国知事会議でのスピーチでは「思い切った軍拡を行う」として軍事費を540億ドル(約6兆円)拡大すると言明、さらに「その他の費用は圧縮する」と語りました。

【参考記事】トランプにブーイングした「白ジャケット」の女性たち

それにもかかわらず、その翌日の議会演説では再び「国内のインフラ更新に投資」するという話に戻ったばかりか、前日の「大軍拡、その他は圧縮」という発言との整合性を取る姿勢も見せませんでした。

オバマ政権が施行した医療保険改革、俗に言うオバマケアの「廃止と置き換え」つまり改訂については、演説の中でかなり具体的な提案をしていました。ですが、加入者の負担を軽減し、難病に罹患している人を新規に保険に入れるようにし、その一方で入りたくない人の自由も認めるというのでは、どう考えても追加財源が必要になります。

一部には貧困者向けの健康保険(メディケイド)を改悪して捻出するという噂もありますが、そこには触れていません。ということは、要するに具体案は全く煮詰まっていないと言えるのだと思います。

移民政策については、矛盾だらけという印象です。まず、トランプ政権は、1月下旬から「微罪でも犯歴があれば強制送還」という政策を「法律通り執行」するとして、強化しています。大統領は「軍隊も動員するし、最終的には100万人単位の強制送還もあり得る」と話していました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:成長事業は健康領域、必要に応じてM&

ビジネス

インタビュー:ドル105円割れは買い、株は上値で売

ワールド

米伝道師ビリー・グラハム氏が死去、歴代大統領にも助

ワールド

北朝鮮、五輪閉会式に金英哲・労働党副委員長を派遣=

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 3

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 6

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 9

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 10

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「…

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!