コラム

全日空機が泥酔客をアメリカに引き渡したのは正しいという3つの理由

2014年02月13日(木)13時31分

 今週、成田空港発のニューヨークJFK行きの全日空10便が飛行中に、乗客の男が泥酔して暴力行為をはたらいたり暴言を吐いたりしたため、同機はアラスカ州のアンカレジ空港に着陸し、容疑者は地元の警察に引き渡されたという報道がありました。

 記録を見ますと、同機は午前11時10分に成田を離陸してから、約7時間25分後の現地時間午前12時35分にアンカレジに着陸。約4時間半後の午前5時2分に同空港を離陸して、JFKには午後3時11分に到着しています。予定より約6時間遅れての到着でした。この影響で、折り返しのJFK発の9便成田行きも6時間遅れ、また同経路の「遅便」である1009便も「早便の9便より先に出す」わけには行かなかったのでしょう、1時間遅れとなっています。

 報道によれば「男性は周りの乗客や客室乗務員に向かって大声でわめき出した。おとなしくするよう機長が警告したが、従わなかった」といいます。AP電によれば、容疑者はFBIの取り調べを受けているそうですが、ジンのストレート(小瓶と思われます)を4本とビールを2本飲み、客室乗務員がそれ以上のアルコールの提供を断ったところ、逆上したということのようです。

 ところで、公空上を飛行している航空機の場合、原則として裁判権は航空機の「登録国」にあるという考え方があります。1963年に成立した「航空機内で行なわれた犯罪その他ある種の行為に関する条約(別名、東京条約)」では、そのような考え方が打ち出されているからです。

 ですから、全日空機の場合は基本的に捜査権や裁判権は日本に属することになるわけです。ですが、今回はアンカレジに着陸して容疑者をFBIに引き渡した、つまり一見すると日本国としては国家主権を行使すべきところが「そうではない」格好になっています。ですが、私はこの機長の、そして全日空の判断は正しいと思います。3つ理由を述べます。

 1つ目は、東京条約の指定は「絶対」ではないということです。航空機は余程のことがない限り離陸した土地に戻ることはあり得ないことから、犯罪捜査を迅速に行い、証拠を保全するために「登録国主義」ではなく「着陸国主義」で対処をするということがオプションで設定されています。ですから、今回は機長がそのオプションを選択したというのは条約違反ではないし、その条約を批准している日本国の法令に違反することにもならないと思われます。米国としては、米国領空内で違法行為が発生したという観点、また米国を着陸地とした航空機内での犯罪ということで逮捕が可能だったと理解できます。(注:東京条約の主旨は、機内の治安確保における機長権限の強化にあります。その点で、今回の機長の措置は条約の精神に沿うものと言って良いと思います。また、この東京条約に関しては「着陸国主義」の強化の方向で改訂が進んでいます。これは要するに「着陸国でちゃんと逮捕・拘禁する」ということを義務化する方向なのですが、今回の場合はちゃんとFBIが動いてくれたわけで、その点でも条約の考え方、そして現在考えられている改訂の方向性に沿う動きになったと言えます。)

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

国連安保理、新型コロナで初会合 具体策で合意できず

ビジネス

3月の中国PPIは前年比-1.5%、CPIは前年比

ビジネス

トランプ政権「5月にも経済再開の可能性」 FRB議

ビジネス

米ユニバーサル・スタジオ、施設閉鎖を少なくとも5月

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 5

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!