コラム

大江千里が語る、物価高だし生活は大変でもやっぱり「ニューヨークの虜」な訳

2023年09月06日(水)13時05分

マンハッタンを背景にブルックリンに生きる SENRI OE

<ニューヨークの今を「音」と共に伝えてきた大江千里さんのコラムは、今回が最終回。4年間におよぶ長期連載の最後に、読者に送るメッセージとは>

ニューヨークには「音」がある。コロナ禍でセントラルパークが野戦病院と化す状況でも、街から音が消えることはなく、前へ進む力が失われることはなかった。今日も街のあちこちで聞こえるこの「ニューヨークの音」というのは、まさにジャズのような、即興性が生み出す人間ドラマを映し出しているように感じる。

2008年に単身でニューヨークに渡った僕も、いつしかこの街の音の1つになったのかもしれない。

先日、妹と甥が4年ぶりにやって来て21年10月に新しくオープンした展望台「サミット・ワン・バンダービルト」へ昇った。前回来たときにはコロナ前に父が亡くなり、3人で前を向こうとニューヨークを探検した。その後、この街はパンデミックで疲弊したのに進化をやめず、ミッドタウンのど真ん中、グランド・セントラル駅の真横に超高層ビルがそびえ立った。

高さは427メートル、ニューヨークで4番目に高いらしい。91階~93階にある展望台から、目の前に見えるクライスラー・ビルの風格をこの角度で間近に体感し心が震える。世界中からやって来た人たちがうれしそうにこの非日常の景色に声を上げる。

たしか12年前、ここから見えるビルの中の弁護士オフィスでジャズレーベル立ち上げの打ち合わせをした。僕は今までに、そのレーベルから世界へ向けて8枚のジャズアルバムをリリースし、最新作『Class of ʼ88』は今週、全米ラジオ局オンエアチャートで24位となった。

このコラムは終了するけれど......

ニューヨークの街角には、喜怒哀楽が高らかに響き渡る。「その帽子素敵だね」と、通りがかる人が声をかけ、「ありがとう!」と言葉を返す。信号待ちの自転車からは、前方に付けたスピーカーからラテンの音楽が爆音で流れる。けんかもするしダンスも踊る、乾かぬ情熱が秒単位で聞こえてくる。

物価も高いし暮らしは大変なのに、一度住んで「虜」になるとこの街にしかない「音」が響いていることに気付く。名声や富を成した人とホームレスが、信号を待つ間に世間話をする。偏見や思い込みがない、常に新しい発想やオリジナルなものを好む人たちであふれ返る。

時にバナナの皮に滑ってひっくり返り、大声で叫ぶ。「おお神様!」。パンデミックで歯抜けになった路面店もなんのその。街にたくさん転がる「お宝」を発掘しながら、わがもの顔で楽しみまくる。僕もブルックリンで銀行口座の残高をチェックし、「自転車操業」でその日を精いっぱい「声を張り上げ」生きている。

ジャズに引っ張られてこの街に住み始め、いつの間にかここに帰ってくることが日常になった。スメリーな臭いと理不尽な怒鳴り声と救急車のつんざく音に辟易しながらも、どこかこの街の「音」に癒やされホッとする。目標がクリアなら、夢に一歩踏み出す人の背中をグッと押す、この街にはそんな分かりやすい「きっぷの良さ」がある。

このコラムは今月で終わるけれど、僕が紡ぐ「音」はニューヨークに今日も響く「音」とともに、この先も止まらない。今まで読んでくださりありがとうございました。今度はコンサートで会いましょう。大江千里

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story