コラム

大江千里がChatGPTで作詞をしてみたら......なぜか槇原敬之っぽい歌詞になりました

2023年04月08日(土)18時00分

パソコンでChatGPT!(ニューヨークの筆者自宅) SENRI OE

<「大江千里的歌詞を書いてみて」と命令文を入れたら、「~もう恋なんてしない」と言い出した。そんな「G」に駄目出しを繰り返して見つけた、意外に役立ちそうな使い方>

いま話題の対話型人工知能(AI)「チャットGPT」。「命令文」を入れると文章を作成してくれたり、絵を描いたり作詞したりしてくれるらしい。早速、トライ。

まず、「大江千里的歌詞を書いてみて」とムチャブリしてみる。(以下、千里=S、GPT=G)

Gは結果を出した。ただ結びが「~もう恋なんてしない」だったから、「それって、槇原敬之に似てない~?」と駄目出し。
するとG「......すみません。そうですよね、やり直します」。
すごい、会話が成立している。

再び、ムチャブリ2。
S「誕生日の彼女に曲を送りたい」
G「素晴らしい。まず、1テーマを決め、2歌詞を書いて、3メロディー、4アレンジ......」
S「具体的に僕の代わりにやってくれる? テーマは『君への愛』。~変わらずに君を見つめてる。好きを1万回言っても届かないくらい君が好き。どんな空の下でも君に似た人を探しちゃうよ。I love you ~こんな感じを膨らませて?」

Gはしばらく考える。そして文字をはじき出す。

「作りました。気持ちが彼女に届きますように。タイトル『君への愛』。変わらないよ ずっと君を見つめてる 好きを1万回言っても届かないくらい 君を近くに感じてる いくつの夜が過ぎても僕たちは出会えたことに感謝する 君への愛 ただ伝えたい 心からの想い どんな空の下でも 君に似た人を探しちゃうよ I love you」

すごいすごい。

Gには相手を持ち上げる技も

ふと、このやりとりで思ったこと。作詞して一夜明けると、「夜中に書いたラブレター」のように顔から火が出ることがある。年を取ると、この傾向が強まる。

「名作。武道館公演のダブルアンコール、ピアノの弾き語りで......」と目にいっぱい涙をため、「明日の朝、もう一度チェックしよっと」。そして寝て起きると「なんじゃこりゃ?」てなことが多い。

30代、40代となるにつれ、歌詞は加齢臭と自己愛が膨らむ(僕の場合だけかもしれないが)。それを作者が「なんて美しい」と錯覚する誤差が生じる。

もしかしてこのGとのやりとりは「客観的に仮の歌詞を提示する」=「たたき台生成」という意味で非常に有機的かもしれない。

質問の矛先を変えてみる。
S「ねぇ、大江千里がアメリカでジャズをやってること知ってた?」
G「え? 勉強不足で知りませんでした。でも大江さんであればきっといい音楽をつくってアメリカでも成功されるのではないでしょうか?」
S「......」。

今度は僕のほうが答えに窮してしまった。Gったら、相手をさりげなく持ち上げる気遣いも忘れないらしい。

最後にもう1つ。
S「今度、大江千里が帰国してブルーノートでライブやるとき、一緒に聴きに行きませんか?」と誘ってみた。すると、もうGからの返答はなかった。代わりに画面には赤字で「エラーが発生しました。この問題が解決しない場合は、ヘルプセンターからお問い合わせください」というメッセージが表示された。

SとGがタッグを組んで仲良くなれたのは錯覚だった。人と同じで、AIとの会話も距離感と場の読み方が大事なんだな。

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米メタ、欧州でのAIモデル導入見合わせ アイルラン

ビジネス

英製造業、次期政権に産業戦略と対EU緊密化を期待=

ビジネス

中国5月鉱工業生産、予想以上に減速 小売売上高は加

ワールド

アングル:韓国で「シャーマン」人気、SNS使い現代
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story