コラム

大江千里の「オーディション番組」考察 何が世界を熱狂させるのか

2023年07月08日(土)18時00分

大江は83年、関西学院大学在学中に オーディションに合格してデビュー SENRI OE

<かつて『スター誕生!』は、手の届かない夢をつかむ選ばれし人たちの才能の物語だった。だが今のオーディション番組は、スター誕生の裏側の物語を見るリアリティーショーのようで生々しい>

オーディション番組がいま熱い。なぜ世界はオーディション番組に熱狂するのか。

イギリス人の音楽プロデューサー、サイモン・コーウェルが生んだ公開オーディション番組『ゴット· タレント』。サイモンをはじめ、審査員がとにかく辛口でジャッジするので見ていてハラハラする。最初のアメリカ版に続きイギリス版もヒットし、最近は日本を含め数カ国でローカライズされている。

ジャニーズ事務所所属のボーイズグループ、トラビス・ジャパンが満場総立ちで迎えられた感動の1シーンが、昨年放送されたこの番組のアメリカ版だった。「緊張してます」――審査員の問いかけを聞き取れず、素直にそう答えたメンバーの川島如恵留に会場の観客は狂喜乱舞した。

思い返せば、日本には1970~80年代に才能豊かなタレントたちを生み出したオーディション番組『スター誕生!』がある。この番組は、僕らには手の届かない夢をつかむ選ばれし人たちの才能の物語だった。

だが今や、オーディション番組は舞台の袖での司会者とのハイタッチ、抱き合う姿、家族が涙して駆け付ける姿など、見ている側に寄り添い降りてきてくれている印象が強い。スター誕生の裏側の物語を見るリアリティーショーとも言うべきか。

特別な存在というより、昨日まで隣にいた人が世の中を変えちゃうまでになる、途中経過も映し出すリアリティーショーの生々しさ。それこそが現在オーディション番組に世界中が熱狂する理由ではないだろうか。

SNSの発達により、現代が「素人の時代」になったことがオーディション番組の台頭に影響しているとも僕は思う。素人だからこその、演出を超えた生々しさを視聴者が共有できてしまう時代だ。

リアリティーショーの残酷さ

かつてオーディションは、アーティストと事務所やレコード会社とを引き合わせるマッチメーカーの装置だった。『スター誕生!』で有名事務所やレコード会社の人たちがプラカードを上げるシーンを昨日のことのように思い出す。

実は僕も「ソニー・サウンド・ディベロップメント」というオーディションで世に出た。そこで将来を一緒に歩むことになるレコード会社のプロデューサーに出会い、現在への道が開けたのだ。

あの時、表には出ていない楽屋でのやりとり、NGワードなどの会話がもし、カメラが回っていて外部に出ていたら?と思うと......ゾッとすると同時に、ちょっぴり「見てみたい」気もする。

一方でリアリティーショーは、参加者にとっては短期間で全てをさらけ出し、生き残りを懸けて魅力をアピールするのだから残酷だ。日本で記憶にあるのが、2012~20年に放映された『テラスハウス』。あれはリアリティーショーの負の一面が浮き彫りになってしまった。

日本がアメリカほどにリアリティーショーに寛大でないのは、さらけ出すことに対する違和感やアレルギーがあるのかもしれないと思う。

この「素人の時代」に終わりは来るのか。僕は、原石である素人を面白くするシナリオを、作家がどれだけリアリティーを持って書き続けていけるかに懸かっていると思う。

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米メタ、欧州でのAIモデル導入見合わせ アイルラン

ビジネス

英製造業、次期政権に産業戦略と対EU緊密化を期待=

ビジネス

中国5月鉱工業生産、予想以上に減速 小売売上高は加

ワールド

アングル:韓国で「シャーマン」人気、SNS使い現代
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story