コラム

ブラック飼い主からペットを守れ!――大江千里が、虐待される犬猫を救う「ペット法案」を考えてみた

2022年10月29日(土)17時10分

人の年齢では約96歳、筆者の大切な家族である愛犬「ぴ」 SENRI OE

<アメリカではコロナ禍で5人に1人が犬か猫を飼い始めた。しかし中にはペットを虐待するブラック飼い主も......。そんな彼らを撃退するには>

バイデン米大統領は今年初め、ホワイトハウスに新しい猫を迎えたそうだ。今は中間選挙を前にペンシルベニア州では上院議席を懸けて両党が戦っているが、トランプ前大統領が後押しする共和党候補の医師が昔、動物実験をしたという疑惑が報じられた途端、いきなり対抗馬の民主党候補が犬好きをアピールするという応戦に出た。

どうやら、支持率とペットには深い関係があるらしい。

実は、コロナ禍でアメリカ人の5人に1人が犬か猫を飼い始めたという統計がある。街では散歩に不慣れな犬と新米らしき飼い主をよく見かけるが、最近2度驚いたことがある。嫌がる犬を大声で叱りつけ、リードを引っ張り上げ、空中へぶら下げお仕置きをした人がいたのだ。

1回目は若い白人の女の子、2回目はお年寄りの白人女性だった。ペットと飼い主の関係は千差万別とはいえ、これは虐待だろう。心が痛くなった。

健康的な食事や医療費、保険代など、飼い主にはペット管理のため、さまざまな出費を負担する義務がある。その根幹には、彼らは敬意を払われる存在であるべきだという考えがある。

だから窮地に陥っているペットを勇敢な第三者が助ける行動を起こしやすいよう、法で守ることを公約に加えてもいいのではと思う。例えば、ペットエマージェンシーというアプリで場所を確定してパトロール隊が駆け付けるシステムとか。

最近ニューヨーク州ではパピーミル(お金儲けを優先させ劣悪な環境でペットを大量繁殖させるブリーダー)を取り締まる法案が可決されたのだが、それこそブラックブリーダーだけではなく、軽いノリでペットを飼い始めすぐに捨ててしまうブラック飼い主を厳しく罰する法案が必要だ。

罰金を科すとか、重労働を科す。それこそ街のうんこ清掃を1年でもいい。

ペットを社会に適合させるのは「人の都合」

わが家の愛犬「ぴ」は、アメリカに来てすぐにドッグランで友達ができた。しかし数日後、血尿が出てグッタリ。病院に行くと何らかの感染症で衰弱しているとの診断で、即入院した。

医師によると感染の原因はドッグランの可能性が高いと言う。楽しげに飼い主たちと犬が戯れるあの場所には、狂犬病の予防接種義務を無視している飼い主もいる。ぴが身をもってそれを証明してくれた。

ペットたちは家族の一員だし、彼らを人の社会に適合させるのは人のご都合だからこそ、尊敬と感謝と愛を持って接することが大切だと思う。それができない飼い主を見つけたら、ペットエマージェンシーの出動だ。

こんな話をする僕も音大生だった頃、忙しく自分のことばっかりで、ぴのことはいつも後回しだった。申し訳ないことをしたと今では反省している。今はお互いに年を取り、彼女は16歳で人にすれば約96歳だ。今度は僕がぴに恩返しをする番なのだ。

無償の愛で人間を救ってくれるペットには、守ってくれる家族が必要だ。愛すべき存在を「守る」法律、そして守る人を「助ける」法律を、州をまたいで成立させてもいいのではないか。

動物の命は人間の命と同じように、いや弱い立場だからこそ「それ以上に」、尊いものだから。以上をもってペット法案に関するプレゼンを終わらせて頂く。一礼!


プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英銀は資本要件6%上げに直面、バーゼル規制最終適用

ワールド

韓国、トラック運転手の職場復帰命令拡大 鉄鋼・石油

ビジネス

破産申請のFTX、顧客資金不明問題で犯罪捜査チーム

ビジネス

焦点:弱まるドル/円の反発力、米利上げ減速観測 日

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 3

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで却下された残念な理由

  • 4

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    「驚異的かつ前例ない」宇宙で発電しマイクロ波で地…

  • 10

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中