コラム

地方選挙から見るドイツ政治:ザールラント州議会選挙の結果

2017年03月29日(水)16時50分
地方選挙から見るドイツ政治:ザールラント州議会選挙の結果

ザールラント州議会選挙の勝利を祝うメルケル首相とクランプカレンバウアー州首相(CDU) Fabrizio Bensch-EUTERS

<9月に実施されるドイツ連邦議会選挙の行方を占う試金石として注目されてきたザールラント州議会選挙は、メルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)が勝利した。その背景は......>

ドイツ選挙の年 -- 2017年

ドイツでは2017年は3つの州議会選挙と4年に一度の国政選挙(連邦議会選挙)が実施され、2月には大統領選挙も実施されたので「選挙の年」と呼ばれる。フランスやルクセンブルクと国境を接するザールラント州の議会選挙が3月25日に実施させた。この選挙は9月24日に実施される連邦議会選挙の行方を展望するうえで最初の試金石となるとして注目されてきた。

1月末に社会民主党(SPD)が前欧州議会議長のマーティン・シュルツを首相候補として以来、SPDは一気に支持を回復し、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)がそれまでのリードを突如として失った。ザールラント州議会選挙はこの「シュルツ効果」を見極める最初の試金石でもあった。

【参考記事】シュルツSPD首相候補の登場はドイツを変えるか?3

ザールラント州議会選挙の結果

ザールラント州ではCDUとSPDが2012年以来大連立政権を組んできた。CDUが第一党として州首相を出している。国政においても、メルケル政権はCDUとSPDの大連立政権であり、同じ連立構成になっている。

今回の選挙では現職のクランプカレンバウアー州首相(CDU)とSPDのレーリンガー経済相が第一党を目指して争い、結果はクランプカレンバウアー州首相率いるCDUの勝利で、前回選挙より5.5%得票を増やした。シュルツ効果が期待されたSPDは前回より1%票を減らし、期待した成果は達成できなかった。

さらに興味深いのは、左派党も3.2%減、緑の党は1.0%減で5%を下回ってしまい、自由民主党(FDP)と同様に議会に一議席も獲得することができなかった。つまり、小政党はかろうじて左派党が議席を得たものの、有権者はCDUとSPDの二大政党間の政策議論にこれまでになく期待する結果となったのである。

ドイツ政治のみならず、多くの国でいわゆる国民政党と言われる大政党が支持を減らし、新たに誕生した小政党乱立になる傾向が見られてきたなかで、ドイツ政治はシュルツ効果もあって再び二大政党間の競争に回帰していることがこの選挙でも明らかである。

2016年に実施された5つの州議会選挙ではいずれも二桁の得票率を得て多数の議席を獲得し注目された極右ポピュリスト政党「ドイツの選択肢(AfD)」は6.2%と伸び悩んだ。国境を越えてフランスやルクセンブルクに通勤したり、買い物に行き来したりする住民もおり、ヨーロッパ統合の成果を実感することの多く、歴史的にもフランスとの関係が極めて深い地域であるというザールラントの特殊性も背景にあろう。

選挙結果を受けてクランプカレンバウアー州首相(CDU)は翌日から大連立の継続に向けてSPDに声をかけ、既にSPDもこれを受ける方向で進んでいる。

プロフィール

森井裕一

東京大学大学院総合文化研究科教授。群馬県生まれ。琉球大学講師、筑波大学講師などを経て2000年に東京大学大学院総合文化研究科助教授、2007年准教授。2015年から教授。専門はドイツ政治、EUの政治、国際政治学。主著に、『現代ドイツの外交と政治』(信山社、2008年)、『ドイツの歴史を知るための50章』(編著、明石書店、2016年)『ヨーロッパの政治経済・入門』(編著、有斐閣、2012年)『地域統合とグローバル秩序-ヨーロッパと日本・アジア』(編著、信山社、2010年)など。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは109円半ば、半月ぶり高値圏で激しく売

ワールド

空自のF2後継機、英国が共同開発の有力候補に浮上=

ワールド

米激戦州ウィスコンシンの有権者、弾劾公聴会で見解変

ワールド

原油先物は3カ月ぶり高値、米中通商合意に期待

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 2

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 3

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 4

    白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

  • 5

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 6

    これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

  • 7

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 8

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 9

    麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

  • 10

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!