コラム

シュルツSPD首相候補の登場はドイツを変えるか?

2017年02月27日(月)18時30分
シュルツSPD首相候補の登場はドイツを変えるか?

シュルツ社会民主党(SPD)首相候補 Hannibal Hanschke-REUTERS

<今年9月にはドイツ連邦議会選挙が実施される。突然登場したシュルツ社会民主党(SPD)首相候補が大きな注目を集めている。シュルツとは何者か?>

2017年の選挙とシュルツの登場

イギリスのEU離脱決定、ポピュリスト政党の台頭などEUを取り巻く環境は厳しい。ギリシャ危機をはじめとする南欧諸国の債務危機はある程度沈静化してはいるものの、本質的には解決しておらずなおくすぶりつつけている。クリミア併合後のロシアとの冷たい関係や2015年ほどでないとしても押し寄せる難民問題にも解決の展望が開けているわけではない。トランプ米大統領の就任はこれまでの米欧関係を揺るがす可能性もある。

このようにさまざまな不安要素に満たされている2017年にヨーロッパではいくつかの重要な選挙が実施される。とりわけ注目されるのがウィルダース党首率いる排外主義的右翼政党自由党の議席数が注目される3月のオランダ議会選挙、ルペン国民戦線党首が大統領になる可能性をなお完全には否定しきれない4月のフランス大統領選挙(1回目投票で過半数を獲得する候補がいなければ5月に決選投票)、そして9月のドイツ連邦議会選挙である。

これらの選挙のうち、ドイツでは突然登場したシュルツ社会民主党(SPD)首相候補が大きな注目を集めている。

ドイツはEUの安定の軸であり、たとえ極右勢力「ドイツの選択肢(AfD)」が連邦議会に相当数の議席を獲得することになっても、2005年末以来首相をつとめるメルケル・キリスト教民主同盟(CDU)党首が再選される可能性が高いと見られてきた。SPDはメルケル首相のCDUと大連立政権を担ってきたこともあって、CDUとの政策の違いを連邦レベルでは十分に強調することができず、長い間世論調査における政党支持率は20%台の前半であった。そのため2017年の連邦議会選挙に向けても苦戦することが予想されていた。

【参考記事】ドイツ世論は極右になびかない?

ところが1月末に経済相・副首相であったガブリエルSPD党首が自らは連邦議会選挙にSPDの首相候補として立候補しないこと、欧州議会議長の任期を終えたばかりのシュルツを首相候補として推薦すること表明した。この決断がSPDの執行部で承認されると、SPDに対する世論の支持は急上昇したのである。

新首相候補シュルツとは何者か?

シュルツはドイツ社会では名の知られた政治家ではあるが、決して以前から注目されていた政治家ではなかった。それはドイツ国内での政治経験は若い頃に西部の小さな地方都市の市議会議員、市長は務めたが、ドイツ政界で活躍する標準コースである州議会議員や連邦議会議員は務めたことがなかったためである。

1994年からEUの議会である欧州議会のドイツ選出議員となったが、欧州議会議員としての活動はドイツ国内から注目されることはほとんどなかった。欧州議会ではドイツ選出SPD議員団長を務めたりしていたが、一般市民がシュルツの名前を知ったのは、当時のベルルスコーニ伊首相が大手メディアを所有し、政治とメディアの独立の問題を批判したのに対して、ベルルスコーニ伊首相がシュルツ議員にはナチの強制収容所の監視役がお似合いだと軽口をたたいたことが話題となった事件が初めてであったと言っても良いであろう。

プロフィール

森井裕一

東京大学大学院総合文化研究科教授。群馬県生まれ。琉球大学講師、筑波大学講師などを経て2000年に東京大学大学院総合文化研究科助教授、2007年准教授。2015年から教授。専門はドイツ政治、EUの政治、国際政治学。主著に、『現代ドイツの外交と政治』(信山社、2008年)、『ドイツの歴史を知るための50章』(編著、明石書店、2016年)『ヨーロッパの政治経済・入門』(編著、有斐閣、2012年)『地域統合とグローバル秩序-ヨーロッパと日本・アジア』(編著、信山社、2010年)など。

ニュース速報

ビジネス

UDが30年までに電動トラック量産化へ、ボルボ内で

ビジネス

オープン外債、ドル100─105円の押し目捉え増額

ビジネス

焦点:金融庁報告書、地銀統合ありきの声 脱落した日

ワールド

トランプ米大統領、年央に訪英へ=英紙

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 5

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    ホルマリンを点滴された女性、死ぬ──遺体の防腐処理…

  • 8

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 9

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 10

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!