最新記事

欧州政治

ドイツ世論は極右になびかない?

2017年2月24日(金)15時14分
エミリー・タムキン

フランス大統領選を控える極右政治家マリーヌ・ルペン(右)と、ドイツのペトリー Wolfgang Rattay-REUTERS

<ドイツの極右政党AfDへの支持率が失速。トランプ米大統領のような「でたらめな政治手法」が、ドイツ人に特有の警戒心を呼び起こしたのかもしれない>

ドイツの極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率がこの7カ月で最低になった。同じく選挙を控えるオランダやフランスではドナルド・トランプ旋風が極右政党の追い風になっているが、ドイツではあまり効いていない可能性もある。

【参考記事】メルケルを脅かす反移民政党が選挙で大躍進

ドイツのアレンスバッハ世論調査研究所と フランクフルター・アルゲマイネ紙が行った世論調査によると、もし選挙が今度の日曜にあるとしたらどの党に投票するか、という問いに対し、フラウケ・ペトリー率いるAfDと答えた人は8.5%。昨年7月以来初めて10%を下回り、2015年12月以来で最も低くなった。

フォルサ研究所とシュテルン誌が行った別の世論調査でも、AfDの支持率は8%にとどまった。

【参考記事】フランス大統領選で首位を走る極右・国民戦線 「ラストベルト」という悪霊

フォルサ所長のマンンフレド・ギュルナーは、AfDの支持率が下がったのは、トランプ米大統領のような「でたらめな政治手法」は、ドイツ人の警戒心を呼び起こす傾向があるからではないか、という。ドイツ人の多くは、現首相のアンゲラ・メルケルが率いる保守政党CDU(キリスト教民主同盟)か、マーティン・シュルツ前欧州議会議長を擁立する中道左派政党SPD(社会民主党)を支持している。ドイツは今経済が好調で、1990年以来最大の財政黒字を記録したことも既存政党を後押ししたかもしれない。

トランプに同調しそう

AfDはイスラム教徒排斥を訴え、党首のペトリーはトランプの大統領選勝利にツイッターで祝辞を贈っており、トランプに同調する恐れが強い。それならメルケルやシュルツのように伝統的な主流派の政治家のほうが安心だろう。AfDは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の支持者である点もトランプに似ている。

今週ペトリーはモスクワを訪問し、連邦議会の大物たちと会った。ロシア科学アカデミー・ドイツ研究センターのウラディスラフ・ベロフは、ロシアのAfDに対する関心は「客観的」なものに過ぎず、何ら怪しいところはないと言う。だが、ドイツの小政党でロシアの要人と面会できたのはAfDだけだ。

【参考記事】ドナルド・トランプはヒトラーと同じデマゴーグ【前編】

AfDは、同党がロシア政府から資金援助を受けているという疑惑を否定し、2013年の結党から一貫してロシアとの友好関係を強調してきた。もっとも、東欧との友好関係は1960年代からドイツ政治に不可欠の要素。主流派の政治家も、ロシア政府とは非常に親密なつながりを持っている。

From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ビジネス

米建設支出、8月は予想上回る1.4%増 コロナ禍で

ワールド

ナワリヌイ氏事件は「平和への脅威」、安保理欧州理事

ビジネス

ユーロ高長期化で景気回復阻害、インフレも下押し=欧

ワールド

アストラゼネカのコロナワクチン候補、欧州で治験デー

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月