コラム

大卒内定率「過去最高77%」に潜むミスマッチ 見逃せない「53.1%」

2018年12月04日(火)12時00分
大卒内定率「過去最高77%」に潜むミスマッチ 見逃せない「53.1%」

d_morita-iStock.

<10月1日時点の大卒予定者の就職内定率は、77%で過去最高。だがその一方で、憂慮すべき調査結果も発表された。売り手市場で学生は真摯さを失い、企業は必死に自社を良く見せようとしている>

厚生労働省と文部科学省が共同で調査している平成31(2019)年3月大学等卒業予定者の、10月1日時点の就職内定状況が11月16日に発表になった。10月1日といえば、多くの企業で内定式が行われた日だ。

大学生の就職内定率は77.0%(前年同期比1.8ポイント上昇)となり、平成9(1997)年3月卒の調査開始以降、同時期で過去最高となった。23%の学生はまだ決まっていないとはいえ、多くの学生が10月1日に勇んで内定式に臨んだことだろう。

内定率77.0%という状況下で行われた内定式。その成否は来年4月以降に問われる。なぜなら、内定式がゴールではなく、社会人スタート後こそ大切だからだ。

あなたの会社の新入社員にもいる「隠れ就活生」

10月14日には、もうひとつ、面白い調査結果が発表された。新卒学生向け就職サイト「マイナビ」の運営等を行っている株式会社マイナビが、今年9月時点で「マイナビ2019」に登録している既卒者に対し、在学中の活動状況や、現状の行動や内定率などの活動実態を調査したのだ。

つまり、今年と同じように売り手市場だった昨年に就職活動をして、今春に大学を卒業したにもかかわらず、2019年卒向けの就職サイトを使っている人たちへの実態調査だ。

もちろん、就職先が決まらずに卒業した人もいるので、既卒者が登録していること自体は珍しいことではないが、何とそのうちの53.1%が、昨年度の就職活動で内定をもらっているのだ。

その在学中の内定獲得者に対して、在学中に内定を獲得していたにもかかわらず現在就職活動を行っている事情について聞くと、「一度就職したが、退職もしくは在職しながら再度就職活動を行っている」が54.1%と5割を超えている。特に、文系男子は59.5%と割合が高い。

内定をもらい、卒業して入社。しかし、すぐに次の会社を探す。何とも残念な話である。現職場が向いていないことが分かったので、それに価値があったといえなくもないが、もっと早く分かっていれば、もっと前向きな価値を生み出せたはずだ。

就職してすぐに就職活動をしている人たちの反省は、「自己分析が不十分だった(自分のやりたいことやできることがよく分からなかった)」(51.3%)がトップ、「業界研究・企業研究が不十分だった(行きたい業界・企業が見つけられなかった)」(40.7%)が続いている。「自己分析」や「業界研究」の不十分さがミスマッチに繋がったと考えているようだ。

就職活動の「自己分析」「業界研究」を抜本的に見直すべき

筆者がかつてリクルート社で就職ジャーナルの編集をしていた頃、本人の就職満足度が高く、企業も採用満足度が高い学生を大勢インタビューして、他の学生との違いを見つけ出そうとしたことがある。

違いのひとつは、学生生活の早い段階で社会人との接点があることだった。

プロフィール

松岡保昌

株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!