コラム

年金が「減る」仕組みを理解しよう──物価・賃金との関係と「減額制度」の現実

2022年06月28日(火)19時52分
日本の高齢者

TOMOHIRO OHSUMIーBLOOMBERG/GETTY IMAGES

<インフレが進む中でも減額となった年金支給だが、現在の制度では今後も物価の上昇に年金が追い付かない状態は続く>

公的年金の支給額が2022年6月分から減額されている。年金減額は2年連続だが、物価上昇が顕著となるなか、なぜ支給額が減らされているのだろうか。

現在の公的年金は物価と賃金に連動して上下する仕組みになっている。今年は4月以降、数多くの商品が値上げされており、前年比で既に2.5%以上、物価が上昇した。それにもかかわらず、年金が減っているのは、物価や賃金の変動分がすぐに支給額に反映されないからである。

22年度の年金支給額は、21年度の消費者物価指数と、過去3年間の賃金変動率で決定される。つまり今年度に支給される年金は、昨年以前の経済状況を基準に決定されるのだ。昨年度の消費者物価指数はマイナス0.2%、過去3年の賃金変動率はマイナス0.4%だった。この場合、低いほうを優先するルールになっているので、今年度の年金額は前年度と比較して0.4%引き下げられた。

つまり昨年は賃金が上がらなかったので、年金は減額されるという理屈だが、賃金さえ上がれば、順調に年金額が増えるのかというとそうではない。

マクロ経済スライドは実質的に「減額制度」

現在の公的年金は、物価と賃金に合わせて支給額を変動させる制度と同時並行で、年金を減らす制度(マクロ経済スライド)も実施している。仮に物価や賃金がプラスになっても、減額制度が発動され、物価や賃金の上昇分ほどに年金は増えない。簡単に言ってしまうと、今の制度を続けている限り、物価の上昇に年金が追い付かない状態が続く。

「マクロ経済スライド」という名前を聞くと、経済状況に合わせて年金額を変える仕組みをイメージするかもしれないが、実態は異なる。この制度は現役世代の負担を減らすため、現役世代と高齢者の人口比率に合わせて年金支給額を減らす目的で導入されたもので、「年金減額制度」と呼んだほうが現実に即している。

日本の公的年金は賦課方式といって、現役世代が支払った保険料で高齢者の生活を支える仕組みになっており、自身が支払った保険料を積み立て、後で受け取るという方式(積み立て方式)ではない。このため高齢者の数が増えすぎると年金財政が極度に悪化するという欠点がある。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国習主席、米大統領と11月直接会談へ 3年ぶり外

ワールド

欧州熱波でライン川水位低下、大型船航行不能 物流阻

ワールド

ニューヨーク市の下水にポリオウイルス、市内で拡散の

ビジネス

米、輸出規制強化 先端半導体やガスタービンエンジン

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中