コラム

UAEメディアが今になってイスラエルとの国交正常化を礼賛し始めた理由

2020年09月08日(火)06時40分
UAEメディアが今になってイスラエルとの国交正常化を礼賛し始めた理由

8月31日、アラビア語、ヘブライ語、英語で「平和」と書かれたイスラエルのエルアル航空機がUAEのアブダビに到着 REUTERS/Nir Elias/Pool

<8月13日に米国の仲介で合意した「歴史的」な国交正常化。UAE側の反応はこの2~3週間で変わってきた。パレスチナ問題の地盤沈下、コロナ禍の影響、そしてアッバス議長の「致命的」な敗北......。合意の背景を読み解く>

イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が米国の仲介で合意した国交正常化について、9月中にもワシントンで調印式が行われるという見通しが出ている。

すでに8月24日にはUAEのオワイス保健予防相とイスラエルのエーデルシュタイン保健相が電話会談を行い、新型コロナウイルス対策など、保健・科学研究分野での協力を話し合うなど国交正常化は始まっている。8月31日には「平和」とアラビア語、ヘブライ語、英語で機体に書いたイスラエルのエルアル機がUAEのアブダビ空港に着陸した。

UAEの新聞やテレビのウェブサイトを見ると、連日のようにイスラエルとの国交正常化合意を礼賛する記事や論評が出ている。エルアル機が到着する前々日の29日にはハリーファ・ビン・ザイド大統領が「イスラエルボイコット法」を無効とする勅令を出した。

UAEの代表的な新聞であるイッティハード紙には9月1日付で「『平和の飛行機』は中東地域の新しい時代の始まり」と題する現地のジャーナリストのコラムがあり、「飛行機の到着は和平合意を現実に移し替えたものである」と書いている。さらに、「UAE・イスラエル平和条約 未来を展望する」という別の筆者のコラムもあった。

UAEの新聞で「平和条約」という大きなアラビア語の活字を見ると、8月13日にトランプ米大統領が突然、「イスラエルとUAEが全面的な関係正常化で合意した」と発表したときにUAEが示した抑え気味の反応との差に驚く。

トランプ大統領が「歴史的な和平」を強調したのに対して、UAEからは正式の発表はなく、事実上の支配者であるザイド大統領の弟、ムハンマド皇太子がツイッターを通じて「イスラエルはヨルダン川西岸の併合を停止することを合意した。さらにUAEとイスラエルは2国間関係を確立するためのロードマップ(行程表)をつくることで合意した」と発表する慎重な反応だった。

この反応の差は何を意味するのか。この2~3週間で何が変わったのか。

アラブ世界から反発が出ず、「平和条約」と公言し始めた

実はイスラエルとUAEの間では、すでに数年前から治安・軍事協力が進み、経済関係は活発化し、スポーツ・文化の交流も始まるなど、湾岸諸国の中で、最も急速に関係を深めていることがニュースにもなってきた。その意味では、両国の関係正常化自体には驚きはない。驚かされたのは唐突ともいえるタイミングである。

UAEはイスラエルと国交正常化する条件として、イスラエルのネタニヤフ首相が公約していたヨルダン川西岸の30%にあたる土地を一方的に併合する手続きの停止を求め、トランプ大統領が発表した3カ国の共同声明でも「イスラエルは(西岸)地域に対して主権を宣言することを停止し、その努力をアラブ・イスラム世界との関係拡大に向ける」と明記されている。UAEはパレスチナ問題での成果を強調したのである。

その時のUAEの英字紙ガルフ・ニュースも「UAEと米国、イスラエルはパレスチナ領土でのさらなる併合を終わらせる合意に達した」という見出しを付け、「関係正常化」とさえ見出しに出ていなかった。

【話題の記事】
撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間」生きていた
トランプの嘘が鬼のようにてんこ盛りだった米共和党大会(パックン)

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ワールド

焦点:米上院のコロナ法案可決、攻防で浮かび上がった

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億1

ワールド

アフリカ豚熱の違法ワクチン、中国が取り締まり強化へ

ワールド

米メキシコ国境での拘束者、2月は約10万人に増加=

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!