コラム

UAEメディアが今になってイスラエルとの国交正常化を礼賛し始めた理由

2020年09月08日(火)06時40分

8月31日、アラビア語、ヘブライ語、英語で「平和」と書かれたイスラエルのエルアル航空機がUAEのアブダビに到着 REUTERS/Nir Elias/Pool

<8月13日に米国の仲介で合意した「歴史的」な国交正常化。UAE側の反応はこの2~3週間で変わってきた。パレスチナ問題の地盤沈下、コロナ禍の影響、そしてアッバス議長の「致命的」な敗北......。合意の背景を読み解く>

イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が米国の仲介で合意した国交正常化について、9月中にもワシントンで調印式が行われるという見通しが出ている。

すでに8月24日にはUAEのオワイス保健予防相とイスラエルのエーデルシュタイン保健相が電話会談を行い、新型コロナウイルス対策など、保健・科学研究分野での協力を話し合うなど国交正常化は始まっている。8月31日には「平和」とアラビア語、ヘブライ語、英語で機体に書いたイスラエルのエルアル機がUAEのアブダビ空港に着陸した。

UAEの新聞やテレビのウェブサイトを見ると、連日のようにイスラエルとの国交正常化合意を礼賛する記事や論評が出ている。エルアル機が到着する前々日の29日にはハリーファ・ビン・ザイド大統領が「イスラエルボイコット法」を無効とする勅令を出した。

UAEの代表的な新聞であるイッティハード紙には9月1日付で「『平和の飛行機』は中東地域の新しい時代の始まり」と題する現地のジャーナリストのコラムがあり、「飛行機の到着は和平合意を現実に移し替えたものである」と書いている。さらに、「UAE・イスラエル平和条約 未来を展望する」という別の筆者のコラムもあった。

UAEの新聞で「平和条約」という大きなアラビア語の活字を見ると、8月13日にトランプ米大統領が突然、「イスラエルとUAEが全面的な関係正常化で合意した」と発表したときにUAEが示した抑え気味の反応との差に驚く。

トランプ大統領が「歴史的な和平」を強調したのに対して、UAEからは正式の発表はなく、事実上の支配者であるザイド大統領の弟、ムハンマド皇太子がツイッターを通じて「イスラエルはヨルダン川西岸の併合を停止することを合意した。さらにUAEとイスラエルは2国間関係を確立するためのロードマップ(行程表)をつくることで合意した」と発表する慎重な反応だった。

この反応の差は何を意味するのか。この2~3週間で何が変わったのか。

アラブ世界から反発が出ず、「平和条約」と公言し始めた

実はイスラエルとUAEの間では、すでに数年前から治安・軍事協力が進み、経済関係は活発化し、スポーツ・文化の交流も始まるなど、湾岸諸国の中で、最も急速に関係を深めていることがニュースにもなってきた。その意味では、両国の関係正常化自体には驚きはない。驚かされたのは唐突ともいえるタイミングである。

UAEはイスラエルと国交正常化する条件として、イスラエルのネタニヤフ首相が公約していたヨルダン川西岸の30%にあたる土地を一方的に併合する手続きの停止を求め、トランプ大統領が発表した3カ国の共同声明でも「イスラエルは(西岸)地域に対して主権を宣言することを停止し、その努力をアラブ・イスラム世界との関係拡大に向ける」と明記されている。UAEはパレスチナ問題での成果を強調したのである。

その時のUAEの英字紙ガルフ・ニュースも「UAEと米国、イスラエルはパレスチナ領土でのさらなる併合を終わらせる合意に達した」という見出しを付け、「関係正常化」とさえ見出しに出ていなかった。

【話題の記事】
撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間」生きていた
トランプの嘘が鬼のようにてんこ盛りだった米共和党大会(パックン)

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ゴールドマン、消費者部門で年間12億ドル超の損失見

ワールド

トランプ氏「議会に向かえ」と要求、警護隊ともみ合い

ビジネス

欧州企業の1株利益、今年は最大8.5%減少も=HS

ビジネス

ロシア、ツイッチやピンタレストなどに罰金 個人デー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中