コラム

UAEはイスラエルから民主化弾圧のアプリ導入【イスラエル・UAE和平を読む(後編)】

2020年09月22日(火)07時40分
UAEはイスラエルから民主化弾圧のアプリ導入【イスラエル・UAE和平を読む(後編)】

UAEのアブドラ外務・国際協力相、イスラエルのネタニヤフ首相、アメリカのトランプ大統領(左から、ホワイトハウスで9月15日に行われた署名式にて) Tom Brenner-REUTERS

<国交正常化の背後に何があるのか。UAEは「アラブの春」の中で国内でも始まった民主化要求を鎮圧。市民の携帯電話から情報を盗むスパイウエアを、イスラエル企業から購入していた>

※前編:イランを見据えるモサドが国交正常化を画策した から続く。

ムハンマドUAE皇太子とムハンマド・サウジ皇太子の連携

イスラエルがアラブ首長国連邦(UAE)と国交を正常化する最大の狙いがイラン対策となれば、対外情報機関のモサドが前面に出てくるのは自然なことである。しかし、前編で書いたように、イランとの間では緊張緩和に転換したUAEにとっては、モサドが和平を担うことにどのような利点があるのだろうか。

UAEのムハンマド皇太子が国の安全保障にとって最大の脅威と考えているのは、2011年に始まった「アラブの春」の後、チュニジアやエジプトで政権を獲ったイスラム政治組織「ムスリム同胞団」である。

今年英語で出版されたベンフッバード著『MBS(ムハンマド・ビンサルマン)』には、UAEのムハンマド皇太子が2015年春に初めて、サウジ王子(当時、現皇太子)のムハンマド・ビンサルマンを砂漠の鷹狩りに招待して会談した時のことが次のように書かれている。

「それはムハンマドUAE皇太子がサウジとの協力関係を強化しようとする機敏な動きだった。その時の会合は二人にとって利益があった。ムハンマド・サウジ王子にとっては、サウジの支配者になろうとする彼の思いを支援する力強い指南役を得ることになり、一方、ムハンマドUAE皇太子にとっては、経験のないサウジの王子に対して、イランやムスリム同胞団に対する敵意という彼の見方を吹き込む機会だった」

ムハンマド・サウジ皇太子は2015年3月からイエメン内戦に軍事介入し、UAEも参戦した。その年の1月に実父サルマン国王が即位し、29歳ながらサウジの国防相に抜擢されたばかりだった。

就任まもなく、軍務経験のないムハンマド王子(当時)がイエメン内戦に参戦したことに、当時は大胆というよりも危なっかしさを感じた。しかし、英国のサンドハースト王立陸軍士官学校を卒業し、空軍司令官を務めるムハンマドUAE皇太子が参戦を吹き込んだ動きだとすれば、納得がいく。

イエメン内戦への介入は、イエメンの首都サヌアがシーア派勢力フーシ派に支配され、フーシ派をイランが支援していることから、ムハンマドUAE皇太子にとってはイランの勢力拡張を封じ込めようとする狙いだった。

しかし、2019年のホルムズ海峡危機を境に、UAEはイランとの緊張緩和に舵を切り、イエメン内戦でも同じ頃、イエメン南部に駐留させていたUAE軍を撤退させた。

ムスリム同胞団との闘い、UAEは活動家らを弾圧している

一方、ムハンマドUAE皇太子は、もう一つの敵である「ムスリム同胞団」との闘いではなお急先鋒に立っている。

「アラブの春」が始まった2011年3月に、UAEでは大統領に対して民主化と政治改革を求める約160人以上の学者や社会活動家らが署名した請願書が提出された。UAE政府は請願書提出の中心人物の5人を逮捕し、数か月にわたって拘束した。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ビジネス

英3月小売売上高、前月比5.4%増 前会計年度の政

ビジネス

べインキャピタル初の日本特化ファンド、10億ドル調

ビジネス

世界の新車販売、40年には全てEVとFCVに=ホン

ビジネス

百度と吉利のEV合弁、5年間で77億ドル投資へ=C

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 2

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 3

    中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

  • 4

    南シナ海で中国の空母の演習を「監視」する米海軍艦…

  • 5

    インドネシア海軍潜水艦、潜行中に消息不明に ドイ…

  • 6

    日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

  • 7

    テスラ、中国の消費者に謝罪 モーターショー「ブー…

  • 8

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 9

    今後、日本語は長くてくどくなる──コミュニケーショ…

  • 10

    「米軍は中国軍より弱い」とアメリカが主張する狙い…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中