コラム

UAEはイスラエルから民主化弾圧のアプリ導入【イスラエル・UAE和平を読む(後編)】

2020年09月22日(火)07時40分
UAEはイスラエルから民主化弾圧のアプリ導入【イスラエル・UAE和平を読む(後編)】

UAEのアブドラ外務・国際協力相、イスラエルのネタニヤフ首相、アメリカのトランプ大統領(左から、ホワイトハウスで9月15日に行われた署名式にて) Tom Brenner-REUTERS

<国交正常化の背後に何があるのか。UAEは「アラブの春」の中で国内でも始まった民主化要求を鎮圧。市民の携帯電話から情報を盗むスパイウエアを、イスラエル企業から購入していた>

※前編:イランを見据えるモサドが国交正常化を画策した から続く。

ムハンマドUAE皇太子とムハンマド・サウジ皇太子の連携

イスラエルがアラブ首長国連邦(UAE)と国交を正常化する最大の狙いがイラン対策となれば、対外情報機関のモサドが前面に出てくるのは自然なことである。しかし、前編で書いたように、イランとの間では緊張緩和に転換したUAEにとっては、モサドが和平を担うことにどのような利点があるのだろうか。

UAEのムハンマド皇太子が国の安全保障にとって最大の脅威と考えているのは、2011年に始まった「アラブの春」の後、チュニジアやエジプトで政権を獲ったイスラム政治組織「ムスリム同胞団」である。

今年英語で出版されたベンフッバード著『MBS(ムハンマド・ビンサルマン)』には、UAEのムハンマド皇太子が2015年春に初めて、サウジ王子(当時、現皇太子)のムハンマド・ビンサルマンを砂漠の鷹狩りに招待して会談した時のことが次のように書かれている。

「それはムハンマドUAE皇太子がサウジとの協力関係を強化しようとする機敏な動きだった。その時の会合は二人にとって利益があった。ムハンマド・サウジ王子にとっては、サウジの支配者になろうとする彼の思いを支援する力強い指南役を得ることになり、一方、ムハンマドUAE皇太子にとっては、経験のないサウジの王子に対して、イランやムスリム同胞団に対する敵意という彼の見方を吹き込む機会だった」

ムハンマド・サウジ皇太子は2015年3月からイエメン内戦に軍事介入し、UAEも参戦した。その年の1月に実父サルマン国王が即位し、29歳ながらサウジの国防相に抜擢されたばかりだった。

就任まもなく、軍務経験のないムハンマド王子(当時)がイエメン内戦に参戦したことに、当時は大胆というよりも危なっかしさを感じた。しかし、英国のサンドハースト王立陸軍士官学校を卒業し、空軍司令官を務めるムハンマドUAE皇太子が参戦を吹き込んだ動きだとすれば、納得がいく。

イエメン内戦への介入は、イエメンの首都サヌアがシーア派勢力フーシ派に支配され、フーシ派をイランが支援していることから、ムハンマドUAE皇太子にとってはイランの勢力拡張を封じ込めようとする狙いだった。

しかし、2019年のホルムズ海峡危機を境に、UAEはイランとの緊張緩和に舵を切り、イエメン内戦でも同じ頃、イエメン南部に駐留させていたUAE軍を撤退させた。

ムスリム同胞団との闘い、UAEは活動家らを弾圧している

一方、ムハンマドUAE皇太子は、もう一つの敵である「ムスリム同胞団」との闘いではなお急先鋒に立っている。

「アラブの春」が始まった2011年3月に、UAEでは大統領に対して民主化と政治改革を求める約160人以上の学者や社会活動家らが署名した請願書が提出された。UAE政府は請願書提出の中心人物の5人を逮捕し、数か月にわたって拘束した。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ビジネス

米家計支出見通し、今後1年の伸び加速=NY連銀調査

ワールド

モデルナ製ワクチン、変異種に有効 南ア種では効果弱

ワールド

イタリア首相、連立内からも辞任圧力 政局混迷深まる

ワールド

ファイザー製ワクチン最大活用に壁、特殊器具の増産で

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 8

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 9

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 10

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!