コラム

「主導者なき」エジプト反政府デモの背景には、貧困という時限爆弾がある

2019年10月07日(月)16時20分
「主導者なき」エジプト反政府デモの背景には、貧困という時限爆弾がある

9月20日、カイロ中心部で反政府のスローガンを叫ぶ市民たち Amr Abdallah Dalsh- REUTERS

<6年ぶりに起こったデモは、YouTubeでの告発がきっかけ。シーシ政権は強権的に抑え込もうとしているが、国民の3分の1が貧困層という衝撃的な数字が重くのしかかる>

9月に入り、エジプトでシーシ大統領の辞任を求める市民のデモが起こった。特にカイロ中心部のタハリール広場でデモがあったのは、2013年7月の軍のクーデター以来初めてである。政府は批判勢力の広範な逮捕でデモを抑え込もうとしている。今後もデモが続くのか、抑え込まれるのかは不透明だが、強権下でデモが起こったことは人々の間に政権への不満が相当に強いことを示している。

カタールの衛星テレビ、アルジャジーラによると、最初のデモは9月20日(金曜日)の夕方から深夜にかけて、カイロ、アレクサンドリア、ドミヤッタ、スエズなど、エジプトのほとんどの都市で起こった。エジプトのメディアはデモを伝えていないが、アルジャジーラにはデモ参加者が携帯電話で撮影した映像が流れた。

デモの映像から判断するかぎり、デモは若者たちが中心で、横断幕やプラカードなどはなく、組織だったものとは見えない。20日のデモは、場所によっては、数十メートルにわたって通りを埋めるほどの人数が集まっているのが分かった。

デモは1週間後の27日の金曜礼拝の後にもあり、アルジャジーラにはエジプト南部のルクソール、ケナ、カイロ郊外などのデモの映像が流れたが、小規模にとどまった。20日のデモの後、カイロやアレクサンドリアなど主要都市では治安部隊による厳重な警戒が敷かれ、2回目のデモは抑え込まれた模様だ。

国際人権組織「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」は27日、エジプト全土で20日のデモ以降、2000人近い逮捕者が出ているとして平和なデモに対する弾圧を批判した。さらにHRWは、27日を前にカイロ大学政治学部のハッサン・ナファア教授ら政権に批判的なジャーナリストや学者、人権活動家ら数十人が拘束されたと報じている。これらの逮捕者について、エジプトの主要紙マスリ・ヨウムは「テロ組織に加担し、虚偽の情報や声明を流した疑い」とする治安当局の決定を伝えた。

エジプトはサウジアラビア以上の「ジャーナリスト拘束」国家

以上が、6年ぶりにエジプトで起こった政府批判デモを巡る状況である。

エジプトでは2011年、「アラブの春」に連動した大規模デモで、軍出身のムバラク大統領が辞任した。その後実施された2012年の民主的選挙でイスラム政治組織「ムスリム同胞団」出身のムルシ大統領が選出されたが、1年後の2013年、軍のクーデターでムルシ政権は排除され、その後、国防相としてクーデターを主導したシーシ氏が大統領に就いている。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ワールド

中国ロケット残骸、9日までに大気圏再突入の予想=米

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中