コラム

イエメン内戦に新展開、分裂・内戦を繰り返してきた歴史的背景を読む

2019年09月10日(火)18時20分
イエメン内戦に新展開、分裂・内戦を繰り返してきた歴史的背景を読む

支援してくれたUAEへの感謝を示すデモ行進を行うイエメン南部分離勢力の支持者たち(アデン、9月5日) Fawaz Salma-REUTERS

<サウジとイランの代理戦争とも言われ、5年目に入ったイエメン内戦だが、8月に南端の都市アデンで分離独立派が蜂起した。25年前の内戦を思い起こさせるが、今後の展開は>

イエメン内戦で8月に南部の分離独立派がアデンで蜂起し、暫定政権軍を排除したというニュースが流れた。私はエジプトにいて、衛星放送でカタールのアルジャジーラTVが映すアデンの映像を食い入るように見た。

アデンから南部勢力が独立を掲げて蜂起するのは、25年前の1994年の南北イエメン内戦以来である。その時はアデンが陥落し、北側の勝利で終わった。私は当時、朝日新聞の中東特派員として陥落したアデンに入った。今回、テレビに映し出された町の背後に岩山がそそり立つアデンの光景は、私の目に焼き付いていた。

アデンはアラビア半島の南端にあり、インド洋に突き出した半島にある港湾都市である。北のサヌアにつぐイエメン第2の都市で、人口は約95万人。しかし、岩山で出来た半島には水源がない。8月にアデンで南部勢力の蜂起によって戦闘が始まった時、ロイター通信などがアデンからの情報として、給水や物資の補給が止まり、深刻な水不足、食料不足が起こっていると報じていた。94年のイエメン内戦時のアデンと同じである。

私は94年4月に中東特派員としてエジプトのカイロに赴任し、イエメン内戦が始まったのは5月だった。初めての中東赴任で、その最初の仕事が内戦取材。5月に内戦が始まった直後、北イエメンの首都サヌアに入り、北側から南北軍がせめぎ合う前線取材に出た。

2カ月後の7月にアデンが陥落して、北側の勝利で内戦が終結した直後にアデンに入った。アデン市内は電気も水道も止まり、商店も役所もドアを閉ざし、都市は全く機能を失っていた。市民は1カ月におよぶ旧北軍の包囲攻撃で疲弊し、旧北軍の車から下ろされる食料を奪い合い、給水車の前に列をつくる姿がいたるところで見られた。

陥落したアデンに入った時に書いた記事には次のような描写があった。


 アデン市中心部のタヒヤ地区の広場の周りで、人々が兵士の乗った軽トラックに群がっている。兵士は、布袋の中からキュウリやピーマン、ブドウなどを下ろしていく。ベールをかぶった女たちの悲鳴のような声、男たちの怒声が響く。二、三本のキュウリを取るために、争う。手に入れたキュウリを道端でほお張る姿も。「一カ月以上も、野菜を食べていない」と、一人の男が言う。近くで、「パン、パン」と、銃声が聞こえる。奪い合いで収拾がつかなくなり、兵士が威嚇のために空に向けて発砲したのだ。
 日中は熱風が吹く市内のあちこちで、給水車が止まり、プラスチックのタンク、バケツなどを持った市民が列をつくっている。貯水タンクは内戦で破壊され、一カ月近く水道は止まっている。人々は市内に点在する井戸から水をくんでいるが、この地区には井戸がなく、隣の地区までくみに行っていたという。「しょっぱくて、汚れていて、いつもおなかをこわしていた。貧乏人は車もないから、手で運ばなければならないし」と、近くの主婦アミナさん(四九)が言った。(朝日新聞1994.07.13夕刊)

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ビジネス

インド政府、エア・インディアで全株式売却を計画

ワールド

トランプ米大統領弁護団スター氏、「政争の具」と弾劾

ワールド

弾劾裁判でボルトン氏招致の可能性高まる、共和党4議

ワールド

NZ首相、9月19日の総選挙実施を発表へ=現地紙

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 9

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 10

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!