コラム

中東ニュースの現場から 川上泰徳
中東ニュースの現場から 川上泰徳

シリア内戦の最終局面 停戦のカギを握るのは「トルコ」だ

<10月15日にシリア北部イドリブに非武装地帯が設置される見込みだ。だが、停戦が継続するかどうかは隣国トルコ次第。トルコは反体制勢力を「分断

2018.10.14
中東ニュースの現場から 川上泰徳

シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして

<安田純平さん拘束の1カ月後にシリアの武装組織に拘束され、10カ月後に解放されたスペイン人ジャーナリストが、「通訳兼コーディネーターに裏切ら

2018.09.18
中東ニュースの現場から 川上泰徳

安田純平さん拘束から3年と、日本の不名誉

<同じように拘束されたスペインやドイツのジャーナリストは1年以内に解放されている。なぜ日本政府は邦人保護に動かないのか> ジャーナリストの安

2018.08.02
中東ニュースの現場から 川上泰徳

パレスチナ映画『ガザの美容室』にイスラエルが出てこない理由

<政治が破綻し、閉塞状況を生きる人間たちのドラマ『ガザの美容室』。「パレスチナ問題のいま」ではなく「パレスチナ人のいま」から、日本人に見えて

2018.06.23
中東ニュースの現場から 川上泰徳

パレスチナ人を見殺しにするアラブ諸国 歴史が示す次の展開は...

<米大使館のエルサレム移転で勃発したパレスチナ危機。サウジアラビアもエジプトも身内の苦難に声を上げようとしないが、これは過去40年、何度も繰

2018.05.23
中東ニュースの現場から 川上泰徳

シリア「虐殺された町」の市民ジャーナリストたち

<歴史上初めて、市民が欧米メディアに代わって戦争報道を担う状況がシリアに生まれている。ISに支配されたラッカからSNSで発信を続け、注目を集

2018.04.13
中東ニュースの現場から 川上泰徳

エルサレム移転を前に報じられる驚愕「トランプ和平案」の中身

<5月、イスラエル建国70年に合わせて米大使館をテルアビブからエルサレムに移転する計画のトランプ政権。近く独自の中東和平案を公表するとみられ

2018.03.19
中東ニュースの現場から 川上泰徳

独立直後のイスラエルが行ったパレスチナ人の「民族浄化」を告発する

<70年前、イスラエル建国後に起こった第1次中東戦争では何があったのか。ユダヤ人歴史研究者による『パレスチナの民族浄化』が実証的に検証する自

2018.02.07
中東ニュースの現場から 川上泰徳

トランプのエルサレム認定 「次」に起こる危機とサウジの影

<12月にトランプがエルサレムをイスラエルの首都に認定したが、この決定が意味するところが明らかになってきた。2018年、パレスチナの新たな危

2018.01.10
中東ニュースの現場から 川上泰徳

エジプトのモスク襲撃テロの背景にある「スンニ派同士」の対立

<300人超が死亡したシナイ半島の事件は、エジプトでモスクを標的とした初めてのテロだった。「サラフィー対スーフィー」という社会の亀裂が背景に

2017.11.30

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!